首を振って骨を鳴らす小学生。 2人目。顎の痛みもあり。|四日市で骨盤矯正なら、ささがわ接骨院・整体院へお任せ下さい。

四日市で骨盤矯正なら、ささがわ整体院・接骨院

0593231140 三重県四日市市西日野町4299
月~金 10:00~15:00 16:00~19:00
[休診日]土曜・日曜・祝日

LINE予約で初検料が無料
059-323-1140 LINE24時間受付、予約&無料相談

症例紹介

首を振って骨を鳴らす小学生。 2人目。顎の痛みもあり。

首・背中の症例 2016年03月17日

先日の投稿もしましたが、同じく首を振って骨を鳴らす小学生の男の子が来院されました。

sisei

主訴は『顎の痛み』

半年前から顎の痛みと、姿勢の悪さが気になって、口腔外科なども受診するも、異常なし。

酷くなったら、『マウスピース』を勧められる。

先ずは顎の痛み・違和感が最初に出始めて、顎をガクガクと鳴らし始めが最初らしいです。

それから同側の首の違和感が出始めて、首の骨を鳴らすようになったとの事。

検査をしてみると、顎関節の側方変位と、片側(症状のある側)の動きが悪くなっており、咬筋の筋拘縮もありました。

頸椎は3番4番、4番5番のルーズニングも認め、それに対照するように、上部頸椎と頸椎6番7番、頸胸移行部の運動障害が出ています。

顎関節の調整は比較的スムーズに行き、症状緩和も見られたので、恐らく5~6回の施術にて回復見込み。

ただ、頸椎の方は、自己矯正?(首を鳴らす行為)は良く首を急に回して鳴らす人が多いのですが、この子の場合は、急激に頚椎を伸展させる(少し下を向いた状態から、急激に上を向く)と言うやり方で、危険なので直ちにやめるように指示をする。

ルーズニングも強くあるが、年齢的にまだ成長段階なので、そこは骨成長に期待するとして、症状が軽減したら、BMK美健整体で姿勢の矯正を提案する予定である。

最後に当院のHPを見て、こちらに辿り着くまでに、色々と情報を探したそうです。

解決方法が見つからない、原因が分からない事は、本人にも家族にもストレスにもなります。

そう言った方達の為にも、こう言ったブログを通して、情報の発信を頑張らないといけない事、来院された方達にも口コミと言う方法で情報発信をお願い致しております。

ページトップへ