五十肩|四日市で骨盤矯正なら、ささがわ接骨院・整体院へお任せ下さい。

四日市で骨盤矯正なら、ささがわ整体院・接骨院

0593231140 三重県四日市市西日野町4299
月~金 9:00~12:00 土 9:00~12:30/16:00~20:00
[休診日]午後土曜・日曜・祝日

予約フォーム

ホットペッパービューティー

対応症状

五十肩

五十肩 2014/07/23

中高年に好発する肩関節の疼痛であり、症状は様々です。
初期症状では肩関節のダルさ、こわばり感、等から始まり、中等度は運動時特に腕を上に上げた時などに痛みを感じ、次第に可動域が減少していきます。
そして更に進行していきますと、夜間痛、関節拘縮を起こし、日常生活にかなりの苦痛感と支障を感じるようになります。

 

五十肩の症状

整形外科などでレントゲン検査では異常が無い事が多く、疼痛の原因が筋肉、じん帯、関節包と言った、軟部組織の原因で起こる場合が多いです。
初期は軟部組織内の血行不良、筋肉硬結などによる症状ですが、それを堪えて日常生活(仕事、家事、スポーツ)などを行い、次第に軟部組織の炎症を起こし、運動時は勿論、安静時にも疼痛を感じるようになります。

 

五十肩の原因

肩関節の老化現象は30代から起こると言われています。その肩関節の軟部組織に負荷がかかると、柔軟性のある頃には大丈夫でも、次第に柔軟性が失われる事により、細かい傷が蓄積され、炎症を起こすようになります。
安静にする事により炎症は次第に収まりますが、今度は関節拘縮と言い、痛みはそれ程まで強く感じませんが、強固な運動障害をお越し、着衣動作などが不便に感じたりします。

 

五十肩の改善方法(ワンポイントアドバイス)

先ずは疼痛のコントロールが必要です。
炎症期などは過度に温めたり、強いマッサージなどは禁止です。鎮痛薬や冷シップなどを用いて、炎症を収めて下さい。
炎症が引き、強い疼痛、安静時痛が無くなりましたら、少しずつ肩を動かし始めて下さい。
お風呂上りなど、身体が温まっている状態で行うと効果が高いです。
この時もご自分で痛みの場所を押さえたりなどは控えて下さい。

 

当院ならではの五十肩治療

当院では初期症状~慢性期におけるまで、すべての状態にも対処いたします。
初期の炎症期間には、炎症を早く引かせる、『微弱電流機器』を用います。その後、状態によっては安静にして頂く為に、患部のテーピング等を行います。
慢性期の関節拘縮が出現した場合、周辺の筋肉の柔軟性を出す『整体マッサージ』『AKA療法』を行い、関節可動域の改善を行います。

 

ページトップへ