肘内障|四日市で骨盤矯正なら、ささがわ接骨院・整体院へお任せ下さい。

四日市で骨盤矯正なら、ささがわ整体院・接骨院

0593231140 三重県四日市市西日野町4299
月~金 9:00~12:00 土 9:00~12:30/16:00~20:00
[休診日]午後土曜・日曜・祝日

予約フォーム

ホットペッパービューティー

対応症状

肘内障(子どもの肘抜け)

肘内障 2018/12/21

小児が両親等に手を引っ張られた直後に発症する事により、『肘が抜けた』状態になります。
患者さんである子供は手をだらりとおろし、手の平は内側に捻じれ、動かそうとしません。
手を持ったり上げたりすると、痛みを訴えるように泣き出したり、嫌がったりします。

 

肘内障の原因

肘の関節部の橈骨頭と言う部分が、小児では完全に骨化形成されていない為に、そこを固定している『輪状靭帯』と言う部分から、橈骨頭が手を引っ張られた事により脱臼(抜けかかっている状態です)

肘内障の改善方法(ワンポイントアドバイス)

ただちに接骨院または整形外科を受診して下さい。素人がマッサージをしたりすると、患部が炎症を起こして腫れたりするだけでなく、輪状靭帯が完全に傷が入り、治癒が遅れる事があります。

 

当院ならではの肘内障治療

小児脱臼(肘内障)の専用整復術を行います。
整復がされると、直ちに痛みが軽減し、運動も可能になります。
受傷後時間が経つと、疼痛が消失するまでに時間が掛かる場合があるので、包帯などで固定をさせて頂く場合があります。

ページトップへ