ぎっくり腰|四日市で骨盤矯正なら、ささがわ接骨院・整体院へお任せ下さい。

四日市で骨盤矯正なら、ささがわ整体院・接骨院

0593231140 三重県四日市市西日野町4299
月~金 10:00~14:00 16:00~19:30
土・祝日 10:00~13:00
[休診日]水曜日・日曜日

LINE予約で初検料が無料
059-323-1140 LINE24時間受付、予約&無料相談

対応症状

腰痛

ぎっくり腰腰痛 2021/08/14

腰痛大国日本!2,800万人時代… 

 

腰痛は8割以上の人が、人生に1回は経験すると言われる症状です。またその原因や症状も十人十色です。
レントゲンでも骨には異常が無く、原因が不明瞭の場合もあります。
一般的に多いのは、肩こりと同じく脊柱を支える筋肉の疼痛が多いです。
筋硬結などによる阻血状態により疼痛が起こる場合が多いです。

 

腰痛は年のせい?いいえそうとは限りません!

 

shiseiこの様なことってありませんか?

☑ マッサージを受けても良くならず腰が痛む
☑ 慢性的な腰痛に長年悩まされている
☑ 姿勢が悪く、いつも腰に負担をかけている
☑ 仕事上、パソコン業務が多く、腰が痛い
☑ 靴の磨り減り方が左右で違うので骨盤の歪みが気になる

腰痛は、痛みの場所とは全く異なる箇所に原因があるかもしれません。
その原因を知るためには専門家の検査を受けましょう。

 

腰痛の症状

 

仙腸関節腰部は腰椎、仙骨、骨盤で構成されます。
腰痛の8割以上は脊柱と骨盤を繋ぐ『仙腸関節』の異常により引き起こされると言われています。
長時間の同一姿勢、朝の起床時、夕方の疲労時に痛みを感じる事が多いです。
これらは、姿勢の固定化や普段よりも強い負荷がかかることをきっかけに発生します。
姿勢の固定化とは、デスクワークなどで常に同じ姿勢になることにより筋肉が緊張してしまい、結果、腰周辺の筋肉に十分な酸素や栄養が届かなくなり、筋肉が硬直状態になることで症状が起きる又は悪化します。
腰痛の症状を放置しておくと、痛みが慢性的になる傾向が有ります。

 

腰痛の原因

 

普段の不良姿勢、癖等により筋肉内の血行不良を引き起こし、疲労物質、疼痛物質が代謝されずに、疼痛を引き起こします。
仙腸関節は非常に不安定な関節な為それを支える為に、腰部の筋肉に大きな負荷がかかります。また、不安定が故に、いわゆる『歪み』を引き起こし、アンバランスから筋肉の負担を増し、疼痛を誘因します。

 

腰痛の改善方法(ワンポイントアドバイス)

 

腰痛は一般的に身体が硬い方に多くみられる症状です。
身体が硬いということは、腰周辺の筋肉が疲労しやすいと言えますので、腰部、背部、股関節部(でん部)、大腿部、下腿部のストレッチ運動をすることで筋肉の緊張をほぐし、日常の負担も減り、腰痛が軽減します。
学生の時に準備体操として行っていた、柔軟体操でも結構です。
コルセットなどは、就業などに支障を起すほどの症状を保護する場合以外は、筋肉弱化を引き起こすために、あまりお勧め致しません。

 

当院ならではの腰痛治療

 


sejutsu_koshi四日市のささがわ接骨院の腰痛の施術は大きく分けて次の4つがあります。

 

①通常整体マッサージ:筋肉をほぐしたり、脊柱関節・仙腸関節の機能不全を改善致します。

②メディセルと言う治療器を使い、皮膚と筋膜の癒着を剥がし、隙間を作り血行の改善を行います。

③BMK整体(美健整体・美骨盤整体):正しい姿勢に矯正し、根本的に腰痛を起こしにくい身体を作ります。

 

 

患者様の声

 

suzu1

suzu

来てよかったです。
もう少し早く来ればよかったです。根よく通いたいと思います。

スタッフから 整体後は一気に姿勢が綺麗になりましたね。

姿勢が綺麗になると、腰痛や肩こりも楽になります。

毎週きちんと通院して頂いております。

 

費用について

 

施術料 6,490
初検料 2,530

 

関連ブログ記事

 

ぎっくり腰(急性腰痛症)

ぎっくり腰 2020/09/18

腰部の動作によって急激に出現する腰痛で、症状は軽微の物から、立ち上がることが出来ない程の強い痛みの物まであります。
物を持ち上げようとして発生する場合や、下に落ちた物を拾おうとして屈んだ際や、くしゃみをした際に起こる物まであります。
腰部痛だけでなく、疼痛が臀部、背部までに及ぶ物まであります。

 

また一度『ぎっくり腰』になると、症状が良くなった後も、しばらくしたらまた同じ箇所に再発してしまうのも特徴です。

 

 

 

『ぎっくり腰』の症状

頚部の寝違えと同様で、これと言って詳細は解明されてない事があります。

当院の考え方と致しましては、頚部の寝違いと同じ考え方で、椎間関節の歪みにより機能不全と考えます。また腰部に大きく関わる、骨盤関節(仙腸関節)の歪みや関節機能不全によって疼痛を引き起こすと考えます。

 

『ぎっくり腰』の原因

腰部に大きな負荷がかかったりした等が原因により、腰椎関節、骨盤関節(仙腸関節)部の変位(歪み)を起こします。その関節部等の機能障害で、負荷をかけ続けると、関節部、周辺筋肉層が炎症を起こし、自発痛を引き起こします。

場合により、椎間板-神経根に炎症を起こし、下肢のシビレ、疼痛を起こす場合もあります。

 

『ぎっくり腰』の改善方法(ワンポイントアドバイス)

『ぎっくり腰』の急性期は、とにかく安静が必要です。

横向きになり、股の間に枕などのクッションを挟み、患部に負担の掛からないような姿勢で、お休み下さい。

起き上がる際も仰向け(上向き)で膝を立て、横を向いてから起き上がると少し楽に起き上がれます。

 

また急性期は炎症を起こしているため、アイスノン等をタオルで包んで、患部を冷やすと効果があると思います。

 

またご自身でのマッサージやストレッチは、炎症症状が酷くなったり、関節に負荷をかける場合がありますので、お控えください。

 

当院ならではの『ぎっくり腰』の治療

炎症症状が強い場合は、寒冷療法と、微弱電流機器を用いて患部の炎症を鎮め、テーピングにて該当関節、筋肉を固定し保護いたします。

施術が可能な場合は椎間関節、骨盤関節の機能不全を起こしている所の機能回復を手技療法によって図ります。

これで2、3日安静にすれば強い疼痛は大体の方が減少又は消失します。

 

『ぎっくり腰』の予防と改善

一度『ぎっくり腰』を経験してしまうと、腰椎関節に負荷に対して弱い箇所が出来てしまいます。

 

その為、足腰の筋肉内に疲労物質が蓄積し、循環不全や可動域が悪くなると、弱っている腰椎関節に負荷が掛かり、また同じ箇所を痛め『ぎっくり腰』を再発してしまうケースが非常に多くなります。

 

腰椎関節の負荷が強くなる前屈みや前傾姿勢はお控え下さい。

 

またアキレス腱伸ばしを行うと、下腿の循環を良くなると、腰椎関節への負荷が減る為、結果的に症状は出難くなるので、よろしければお試し下さい。

 

そして毎年同じ時期、同じ季節に発生し、しばらく我慢すれば楽になるからと『ぎっくり腰』に慣れてしまった方は要注意です。

 

そういった方は、瞬間的に掛かった負荷に対する炎症が治まり動ける様になっただけで、椎間関節、骨盤関節の機能不全といった根本的な原因が解消された訳ではありません。

 

そうするとお身体の不具合が改善されていないのに、動いてしまう形になるので、弱っている関節に更に負荷をかけることになり、気付かない内に、お身体がどんどん酷い状態になってしまっている場合があります。

 

何度も繰り返されると、それだけ治りも悪くなり、さらに悪化すると『ぎっくり腰』では済まない状態になるかもしれません。

 

そうなる前に、一度しっかりとお身体を整える事をお勧めします。

ページトップへ