【息苦しい】日常的に呼吸が浅くなっている事が気になる方はご一読下さい。

四日市で骨盤矯正なら、ささがわ整体院・接骨院

0593231140 三重県四日市市西日野町4299
月~金 10:00~15:00 16:00~19:00
[休診日]土曜・日曜・祝日

LINE予約で初検料が無料
059-323-1140 LINE24時間受付、予約&無料相談

スタッフブログ

【息苦しい】日常的に呼吸が浅くなっている事が気になる方はご一読下さい。

スタッフブログ 2020年11月28日

息苦しい

 

こんにちは!

ささがわ接骨院・整体院の見並です。

 

今日は『呼吸』について書いていきたいと思います。

 

呼吸が浅いとは

呼吸とは生きるために必要な、ガスの交換の事を指します。

 

人が生きるためには、身体の様々な場所に酸素が使われる為、必要な量の酸素が取り込めないと、酸素不足になり様々な問題が起きます。

 

良く言われる呼吸が浅いと呼ばれる状態になると、1回当たりに取り込める酸素の量が減ってしまうため、酸素が身体に行き渡らなくなり、筋肉の凝りやだるさ、その他にもめまいや頭痛などの自律神経的な症状が出てしまう場合があります。

 

この呼吸が浅くなってしまう原因は、骨格的な問題と神経の問題などが関与してくる場合があるため、それについて書いていきたいと思います。

 

骨格的な問題

呼吸を行う為には、口や鼻から吸い込み、気道を通り、肺へと空気が入っていきます。

 

肺はその空気の入れ替えが行われる際に、広がったり縮まったりが行われますが、その際にはあばら骨などの骨も呼吸に合わせて動く形になります。

 

呼吸に合わせて骨格の動きが有るのですが、その際に背中の筋肉やあばら骨周辺の筋肉が固まってしまうと、背骨やあばら骨の動きが悪くなってしまい、呼吸を行う際に骨格が広がりきらないため、大きく息を吸い込めなくなる場合があります。

 

酸素が上手に身体を回らなければ、筋肉の状態にも影響し、筋肉が強張ってくると、さらに呼吸が行い辛らくなり、それが悪循環にもなる場合もあります。

 

この場合は骨格的な問題も入ってきて、ご自身で変えるのが難しくなってきますので、まずは整体などを行って調整を行っていただくのが良いかと考えます。

 

息苦しさ+痛みなどの症状が有る場合は当院の『部分整体』を、あばら骨や背骨などに動きを付け呼吸がしやすくなりたいと言う方は当院の『美姿勢整体』をお考えいただければと思います。

 

神経などの問題

呼吸などのコントロールを行っているのは、身体の中の自律神経になります。

 

この自律神経には交感神経と副交感神経があり、それぞれ交感神経が頑張る時、副交感神経が身体を休める時に優位に働く事によって機能の切り替えを行いながら、お身体の状態の維持を行っております。

 

現代は情報の多い事や、スマートフォンなどの画面を見る機会も増えたため、交感神経が優位になり易いとも言われています。

 

その他にも外部から何かしらのストレスを受けると、それについて考えたり、それに対して何か対応を行うとなると、それもまた交感神経が優位になる要因になります。

 

交感神経が優位になると、呼吸は浅く早くなるため、この状態が続くと息苦しいと呼ばれる状態にもなってしまいます。

 

当院では自律神経に対して副交感神経を優位にしお身体を休めやすくする『あたま整体』を、自律神経の症状が強く出ていて、日常生活にも支障が大きい方は、施術だけでなく栄養や検査、カウンセリングにも特化した『院長特別施術』をお試し頂ければと思います。

 

しっかりとお身体を良くしていくために

骨格の問題にしても、自律神経の問題にしても、ご自身の力のみで変えていくのは難しい場合も多い様に感じます。

 

酸素の量が減ると、それを基にしてお身体の状態もどんどん悪くなってしまい、変えるのに時間が掛かってしまう場合もあります。

 

しっかりとお身体を良くするためには、問題点を見つけ、その問題の原因に対して対応していく事が重要と考えます。

 

その為には、ご自身の事を客観的に見る事で気付ける事もあると思いますので、お悩みの際は当院にご相談頂ければと思います。

 

四日市にて『息苦しい』や『呼吸が浅い』などでお困りの方は『ささがわ接骨院・整体院』にご相談くださいませ。

 

#四日市 #ささがわ接骨院・整体院 #呼吸が浅い #息苦しい #整体 #自律神経 #姿勢 #ストレス #カウンセリング #検査

 

ページトップへ