【外反母趾】靴を履いた時などに足の親指の付け根が痛い方へ|四日市で外反母趾の治療なら、ささがわ接骨院・整体院

四日市で骨盤矯正なら、ささがわ整体院・接骨院

0593231140 三重県四日市市西日野町4299
月~金 10:00~15:00 16:00~19:00
[休診日]土曜・日曜・祝日

LINE予約で初検料が無料
059-323-1140 LINE24時間受付、予約&無料相談

スタッフブログ

【外反母趾】靴を履いた時などに足の親指の付け根が痛い方へ

スタッフブログ 2020年11月12日

外反母趾

こんにちは!

ささがわ接骨院・整体院の見並です。

 

今日は『外反母趾』について書いていきたいと思います。

 

外反母趾とは?

『外反母趾』とは、親指の付け根にある関節が、くの字に曲がり外側に出ている様に見える状態になる事を指します。

場合によっては患部が腫れたり、骨の変形があって横に出ている場合も有りますが、多くの方は日常の環境により、関節の変形が起きている方が多くなります。

 

関節の変形が起きると、その周辺には筋肉や靭帯、神経や血管が有りますので、それらが圧迫されたりすると、

痛みやしびれ、関節の動きが悪くなるなどの症状が出る場合もあります。

 

足の親指が変形してしまうと、日常の立ち方なども変わってしまうため、それにより股関節や腰痛などの他の場所の症状が出てしまう場合もあります。

 

『外反母趾』になってしまう方は、それに合わせて内反小指と呼ばれる小指が内側に入ってくる状態になる方もいらっしゃいます。

 

外反母趾の原因

遺伝的な部分で『外反母趾』になってしまう方もいらっしゃいますが、その他にも関与しているものもありますので、それについて書いていきたいと思います。

 

まず良く言われるものとしては、ハイヒールや先の細くなっている靴などを頻繁に履く方は、先が締め付けられるため『外反母趾』が発症しやすくなります。

 

『外反母趾』になってしまう方は、女性が圧倒的に多いのですが、男性の革靴なども先が狭くなっているため、発症してしまう方もいらっしゃいます。

 

その他には足の裏にあるアーチの崩れが原因となる場合があります。

足の裏のアーチと言われてもピンとこないと思うのですが、簡単に説明すると土踏まずの部分になります。

 

土踏まずは本来内側縦アーチと呼ばれ、その他にも内側があるので外側もあり、親指の付け根から小指の付け根にかけての横アーチがあります。

 

本来はアーチがある事によって負荷が分散されやすくなるのですが、外反母趾の方は横アーチの部分が無くなり、開張足と呼ばれるものになっている傾向があります。

 

外反母趾と整体

『外反母趾』がある方はアーチなどの問題があると言いましたが、先ほど書いたようにハイヒールなどを履く方も多いため、足首や股関節などが固くなり、周辺の筋肉の緊張も増えている方も多い様に感じます。

 

『外反母趾』は何らかの矯正を加えたから、すぐに良くなるというものではないですが、やはりそのまま放っておくと、どんどん悪化するケースもあり、他の問題が出てきてしまう事もあります。

 

整体では股関節や足首の調整、その他にも足のアーチや指などに対して調整を行う事も出来るので、それにより日常的な負担や痛みなどを感じているのであれば、症状に対してもお力になれるのではと考えます。

 

当院では

当院では股関節‐膝関節‐足首の調整を行うほかにも、患者様自身にテーピングの巻き方を指導させて頂きます。

外反母趾テーピング

『外反母趾』ではハイヒールなど靴を履く、歩き方を変わっているなどとなると、日常的な負荷も大きいため、整体を行うだけでなく、テーピングによって矯正力を働かせた方がより効果的だと考えるためです。

 

「自分でテーピングを覚えて巻くのは難しそう…」と考える方もいるかもしれませんが、もちろんゆっくりお伝え致しますし、型紙をお渡ししたり、ご自身で巻いたものを整体を行う際に何度か見させて頂き、最終的には慣れてすぐに巻ける方も多いのでご安心ください。

 

外反母趾はすぐに良くなるものではないので、治らないのでは?と考える方もいると思うのですが、しっかりとケアしていけば変わってくると考えます。

四日市にて『外反母趾』でお困りの方は『ささがわ接骨院・整体院』にご相談くださいませ。

 

#四日市 #ささがわ接骨院・整体院 #外反母趾 #ハイヒール #内反小指 #偏平足 #痛み #原因 #開張足 #土踏まず

ページトップへ