【あごの痛み】食べ物を噛む際に症状が出る『顎関節症』の解消方法|四日市で骨盤矯正なら、ささがわ接骨院・整体院

四日市で骨盤矯正なら、ささがわ整体院・接骨院

0593231140 三重県四日市市西日野町4299
月~金 10:00~15:00 16:00~19:00
[休診日]土曜・日曜・祝日

LINE予約で初検料が無料
059-323-1140 LINE24時間受付、予約&無料相談

スタッフブログ

【あごの痛み】食べ物を噛む際に症状が出る『顎関節症』の解消方法

スタッフブログ 2020年10月21日

顎がカクカク

 

こんにちは!

ささがわ接骨院・整体院の見並です。

 

今日は『顎関節症』について書いていきたいと思います。

 

目次

1.顎関節の痛み

2.食べ物を噛む動作

3.顎関節症と整体

4.少しでも早く症状を良くするために

 

顎関節の痛み

顎関節は耳の前にあり、頭の骨と下顎の骨で構成される関節になります。

顎関節

『顎関節症』が発症してしまうきっかけとしては、あくびや固い物を食べたという直接的なものから、首を痛めた後や慢性的な肩こりなどの間接的なもの、もしくは環境の変化などのメンタル的なものを含めれば、たくさん考えられるのですが、多いのは顎や首の関節が正常に動けていない際に、何らかのきっかけで顎関節に負担がかかり発症してしまう方が多い様に感じます。

 

この関節は筋肉や靭帯、関節円板と呼ばれるクッションの様な物などで構成されるため『顎関節症』にて痛みが発生した場合は、この場所に何らかの問題が起きていると考えられます。

 

会話を行う、食事を行うなど日常的な動作で使われる関節のため、症状が顕著になると日常生活で困る方も多い様に感じます。

 

口を引く際に痛みが出る顎関節症の方も多いのですが、物を噛んだ際に痛みを感じる『顎関節症』について書いていきたいと思います。

 

食べ物を噛む動作

『顎関節症』の中には痛みがあって口が開かない方もいれば、口をある程度開く事は出来るけども、物を噛む際に痛みが出てしまう方もいらっしゃいます。

 

物を噛むという動作は関節が正常に動けるという事の他に、噛み締めた際に関節にもある程度の負荷が掛かる状態になると思います。

 

この負荷が掛かる際に、あごの関節の歪みなどがあると、片方の関節に掛かる負荷が変わってくるため、それにより症状が出てしまう方もいらっしゃいます。

 

顎関節症と整体

実際にいざ『顎関節症』になってしまった際に、整体による解消方法を考える方は少ないと思います。

 

物を噛み締めた際に痛みを感じる方は、関節の中の組織を完全に痛めている場合でなければ、その関節の歪みを取り除いたり、関節に余裕を作ってあげたり、筋肉の運動をしっかり行える様にする事で、症状が変わる方も多い様に感じます。

 

整体には色々な手法や考え方があるため、一概には言えませんが、骨格的な面で考えた時に整体による調整では、その筋肉や関節といった調整を行っていく事が出来ます。

 

それにより関節の運動も行いやすくなり、正常に動いていれば、偏った負担も少なくなるので、口を開いたり噛み締める様な、あごの運動による問題で症状が出ている場合は、整体という方法をお考えいただくのも有効だと考えます。

 

少しでも早く症状を良くするために

『顎関節症』で悩まれている方は、マウスピースやセルフマッサージなどの何らかの処置を行っていても、中々症状が良くならず諦めている方もいらっしゃると思います。

 

顎関節は日常的な会話や食事などの動作で使われるため、その際にかかる負荷を、回復力が上回らなければなりません。

 

その為には、もしかしたらごストレッチや運動などの自身のケアも大事かもしれませんし、お身体を良くしていくためにも集中期間を設ける必要があると考えます。

 

またあごの運動に問題が起きているのであれば、その運動を早期にしっかりと出来る様に調整を行っていただく必要があると考えます。

マウスピース

もし今現在マウスピースなどで治療を行っていて、効果が感じられず、整体を行ったことが無い方は一度ご相談頂ければと考えます。

 

四日市にて『顎関節症』でお困りの方は『ささがわ接骨院・整体院』にご相談くださいませ。

 

#四日市 #ささがわ接骨院・整体院 #顎関節症 #あごの痛み #噛む #関節の歪み #マウスピース #マッサージ #解消 #ストレッチ

ページトップへ