【仕事が終わると脚がパンパン!】むくみなどによって脚が重い方やだるくなっている方必見|四日市でむくみ解消なら、ささがわ接骨院・整体院

四日市で骨盤矯正なら、ささがわ整体院・接骨院

0593231140 三重県四日市市西日野町4299
月~金 10:00~15:00 16:00~19:00
[休診日]土曜・日曜・祝日

LINE予約で初検料が無料
059-323-1140 LINE24時間受付、予約&無料相談

スタッフブログ

【仕事が終わると脚がパンパン!】むくみなどによって脚が重い方やだるくなっている方必見

スタッフブログ 2020年08月19日

むくみ

こんにちは!
ささがわ接骨院・整体院の見並です。

ふくらはぎは第2の心臓とも言われ、血流に大きく関係する場所でもあるため『肩こり』や『腰痛』などの症状を変えていく場合でも重要な場所になります。
脚がむくんでいる状態が続いていると、お身体全体がだるくなってしまう場合もありますので、出来れば早いうちに変えていただくのが良いのではないかと考えます。

今日は『脚のむくみ』ついて書いていきたいと思います。

 

むくみの原因

むくみは本来『浮腫』とも書かれ、お身体の血行や循環が上手く行われないと発症してしまうため、筋肉の疲労などの他にも日々の食事、飲酒などの生活習慣、その他にも高血圧や内臓の疾患などが元になってもに発症致します。

 

上記に挙げたように様々な問題が関与する事が考えられますが、本日書いていきますのは、腎臓などの内臓の異常などによって出る浮腫とは違い、立ちっぱなしや座りっぱなしなどの日常生活によって、代謝が行われ難くなる事により発症する、脚のむくみについて書いていきたいと思います。

 

整体による解消方法

整体による解消方法では、筋肉をゆるめて血流を良くしたり、脚のアライメントを整えて筋肉の負担の偏りを無くす整体、しっかりと立てるようにして無駄な力を入らない様にする調整などを行われる事が多くなります。

脚の整体

血流の関係上、ふくらはぎの筋肉の状態も脚のむくみには大きく関係しますが、この筋肉の状態には脚のアライメントと呼ばれる股関節-膝関節-足首の関節の状態や、立ち方や歩き方の状態が大きく関与してきます。

 

患者様として多いのは股関節が内側に捻じれてしまっている方や、立ち方で言うと外側に重心が流れてしまう事により、太ももや脛が張り、ふくらはぎの外側が緊張している方です。

 

この場合は単純に強張っている筋肉を緩めても、負担が掛かってしまう状態が変わっていないので、またすぐに筋肉が緊張し循環が悪くなってしまいます。

 

筋膜リリース療法による解消方法

 

慢性的に血行が悪くなってしまう原因の中に、筋膜の癒着している場合が考えられます。

 

筋膜には様々な種類が有るのですが、今から説明する筋膜は筋肉を覆っている皮膚と筋肉の間にある筋膜の事を指します。

 

日常の立ち方が偏っていたり、骨格の歪みが長く続くと、この筋膜が癒着を起こし、その皮膚との癒着を起こした筋膜に引っ張られて、筋肉の状態が悪くなってしまう場合があります。

脚のむくみケア

整体による筋肉や関節の調整となると、どちらかと言うと押さえる調整が多くなるのですが、この場合は癒着を剥がすために、引っ張る様な調整が必要になってきます。

 

当院では機械を用いて、その筋膜に対して特化した調整がありますので、むくみでお悩みの方は一度試して頂ければと考えます。

 

お身体を整えて脚がむくまない様に

 

むくみの話をする上で血流は大きく関わってくるのですが、脚の血流には心臓へポンプして血を戻すため、筋肉の状態や運動が大きく関わってきます。

 

ご自身でふくらはぎをマッサージなどのケアを行ったり、運動により代謝を促す事もすごく大事なのですが、日常的な負荷を減らしたり、骨格にしても筋膜にしても緊張しやすい原因があれば、そこを変えてい頂くのも重要ではないかと考えます。

 

慢性的に脚のだるさやむくみが有り、色々試してみたけれど中々解消出来ないという方は、一度お身体の状態を見せて頂ければと思います。

 

四日市にて『脚のむくみ』でお困りの方は『ささがわ接骨院・整体院』にご相談くださいませ。

 

 

#四日市 #ささがわ接骨院・整体院 #整形外科 #むくみ #脚が重い #解消 #原因 #血行 #マッサージ #筋膜

ページトップへ