【成長痛?】お膝の下などに痛みが出るオスグット病を解消する方法|四日市でオスグットの施術なら、ささがわ接骨院・整体院

四日市で骨盤矯正なら、ささがわ整体院・接骨院

0593231140 三重県四日市市西日野町4299
月~金 10:00~14:00 16:00~19:30
土・祝日 10:00~13:00
[休診日]水曜日・日曜日

LINE予約で初検料が無料
059-323-1140 LINE24時間受付、予約&無料相談

お知らせ

【成長痛?】お膝の下などに痛みが出るオスグット病を解消する方法

お知らせ 2020年06月23日

 

こんにちは!

ささがわ接骨院・整体院の見並です。

 

ひざ下に痛みが出て、中々症状が改善しないオスグット病。

今まで頑張ってスポーツをしてきた事もあり、なるべく運動の休止はせず、少しでも早くスポーツに復帰したいですよね。

 

今日は『オスグット・シュラッダー病』ついて書いていきたいと思います。

 

オスグット病は成長期の子供などのお身体が出来上がっていない時に、過度の負荷をかけたり、偏った動作を繰り返す事にによってひざ下に負荷が掛かり発症する、炎症などを伴う骨端症(子供の軟骨の病期)の一つになります。

オスグット

サッカーやバレーボールなどの、ダッシュやジャンプを行う事が多いスポーツに頻繁に発症し、一度なってしまうと何度も繰り返してしまう子も多い様に感じます。

 

成長期を越えるとある程度身体が出来上がってくるため、オスグット病の症状が落ち着く事もありますが、小学校高学年~中学校卒業くらいまでの重要な期間に運動を何カ月も休止する、または症状を繰り返してしまうと、それによりスポーツを断念してしまう子もいらっしゃいます。

 

  • 一般的に行われる治療方法

オスグット病は使い過ぎによって発症するため、患部の安静をすすめられる事も多くなります。

その他に行われる事としては、太腿のストレッチや患部のアイシング、電気治療や患部への注射による治療が行われる事が多くなります。

 

基本的に治療を行いながら様子をみる形で治療を行われますが、余りにも大きな骨片などがある場合は手術が行われる場合も有ります。

 

  • オスグット病に整体って効果あるの?

オスグット病は膝の下に痛みが出ますが、膝の周辺だけが悪くて症状が出ている子は少ないように感じます。

 

膝周りの筋肉の固さもありますが、オスグット病になってしまう子の多くは、全体的に身体が固い子が多い様に感じます。

柔軟性が特別高い必要はありませんが、たとえば股関節や足首などの柔軟性が低いと、負荷が分散する事ができない、運動を再現する際に膝の負担が増えている子もいますので、その偏った状態を変えていく必要があると考えます。

 

整体を行う際は、筋肉を緩めて、関節をしっかりと動ける様に調整し、重心や姿勢のバランスを整える調整を行う事が多くなります。

 

 ・症状を繰り返さないために

運動を休止すると炎症症状が治まる事によって、症状は楽になるかもしれません。

しかし運動を再開した際に、その他の関節がしっかりと使えない、柔軟性が低い状態ですと、膝に再度負担が溜まってしまい、そうすると症状が再発してしまう事も多い様に感じます。

 

痛みなどの症状は、問題が起きている場所を報せてくれる信号になりますので、その信号を止めるだけでなく、なぜその信号が出ているのかが重要になってくると考えます。

 

四日市にて『オスグット・シュラッダー病』でお困りの方は『ささがわ接骨院・整体院』にご相談くださいませ。

 

#ささがわ接骨院・整体院 #膝の痛み #お皿の下の痛み #オスグット #成長痛 #脛骨粗面 #膝蓋靭帯

ページトップへ