【踵が痛い!】立ちっぱなしや長時間歩くことによって出る『足底筋膜炎』の解消方法|四日市で踵の痛みの改善なら、ささがわ接骨院・整体院

四日市で骨盤矯正なら、ささがわ整体院・接骨院

0593231140 三重県四日市市西日野町4299
月~金 10:00~15:00 16:00~19:00
[休診日]土曜・日曜・祝日

LINE予約で初検料が無料
059-323-1140 LINE24時間受付、予約&無料相談

お知らせ

【踵が痛い!】立ちっぱなしや長時間歩くことによって出る『足底筋膜炎』の解消方法

お知らせ 2020年06月12日

こんにちは!
ささがわ接骨院・整体院の見並です。

 

今日は『足底筋膜炎』ついて書いていきたいと思います。

 

『足底筋膜炎』とは

『足底筋膜炎』とは、何らかの原因により足裏にある足底筋膜という場所に、繰り返し負担が掛かる事によって、踵周辺に痛みが出る症状になります。

症状が出る何らかの原因には、靴底が固い事や偏平足、お仕事で力仕事が増えたり、立ちっぱなしや歩行が多い事、スポーツを行う人は疲労が溜まっている事などがよく挙げられます。

 

両側に症状が出る事は少なく、片側のみ症状が出る事が多いため、姿勢の偏りや重心のズレなどが関わっていると言われる場合もあります。

 

一般的に整形外科などで行われる治療

整形外科などで検査を受け『足底筋膜炎』という診断が出ると、一般的には患部への注射や足底板、マッサージやストレッチなどが行われます。

 

治療を行う事によって、ある程度症状が解消出来れば良いのですが、もし症状が変わらない、症状が楽になってもすぐに戻ってしまう場合は局所的に足底筋膜に対しての調整を行っても、改善は難しいかもしれません。

 

なぜ『足底筋膜炎』に整体が有効なのか

足底筋膜の緊張と下腿部の筋肉の緊張は関与が大きい場合が多くなります。

ご自身で出来るケアとしてアキレス腱伸ばしをしっかりと行って頂いても良いですし、整体にしても下腿の筋肉を動かすだけでも『足底筋膜炎』の症状が変わる方もいらっしゃいます。

しかしこの下腿部の負担が増えているには理由があり、その理由として多いのは股関節や膝関節、足首などの関節の動きが悪くなっている場合や、お身体の使い方の問題、もしくは重心の偏りなどが関与している事があります。

 

その場合は局所的に下腿部の治療を行っても、痛みが戻ってしまう場合も多く、お身体を変えていくためには負担が掛かる原因に対して調整を行う必要があると考えます。

 

当院では症状が出ている患部だけを見るのではなく、痛みが出る動作などの確認を行い、周辺の関節や重心などの調整も行っていきます。

 

お仕事上固い靴が変えれない場合や、立ちっぱなしなどにより負担が大きくなる場合は、負担を減らし、少しでもはやく改善する為インソールを提案させて頂く場合もあります。

『足底筋膜炎』を何度も繰り返さないために

『足底筋膜炎』になったとしても、お仕事上の立ちっぱなしや、歩かなければならない様な環境というのは、中々変える事は出来ません。

 

負荷が掛かる環境は変えれないかもしれませんが、お身体を良くしていこうと思ったら、その負荷を回復力が上回るか、その他の関節も動ける様にして、少しでも患部の負荷を下げていく必要があると考えます。

 

局所的にではなくお身体を全体的に見る事で、お身体も早く改善し、症状の再発も防げると考えます。

 

中々変わらない『足底筋膜炎』も当院でならお力になれるかもしれません。

 

四日市にて『足底筋膜炎』でお困りの方は『ささがわ接骨院・整体院』にご相談くださいませ。

 

 

 

 

#ささがわ接骨院・整体院 #足の裏の痛み #足底筋膜炎 #踵の痛み #踵の棘 #インソール #長時間歩くと痛い #朝起きた時に踵が痛い

ページトップへ