あごの痛みや開き辛いなどの症状が出る『顎関節症』に対して整体って効果あるの?

四日市で骨盤矯正なら、ささがわ整体院・接骨院

0593231140 三重県四日市市西日野町4299
月~金 10:00~14:00 16:00~19:30
土・祝日 10:00~13:00
[休診日]水曜日・日曜日

LINE予約で初検料が無料
059-323-1140 LINE24時間受付、予約&無料相談

スタッフブログ

あごの痛みや開き辛いなどの症状が出る『顎関節症』に対して整体って効果あるの?

スタッフブログ 2020年03月29日

 

こんにちは!

柔道整復師の見並です。

 

今日は『顎関節症(がくかんせつしょう)』について書いていきたいと思います。

 

まず最初に『顎関節症』とはどの様なものなのかを、少し説明していきたいと思います。

 

『顎関節症』とは【顎=あご】の【関節】に、何らかの【症状】が出ている状態を指します。

症状としてはあごの関節の周辺に痛みや音、口の開き辛さなどの症状が出ている事が多くなります。

 

『顎関節症』になってしまうきっかけとしては、一概には言えませんが、偏った噛み癖や大きく口を開けた際、もしくは首の寝違いや姿勢の悪さ、もしくは環境の変化によるストレスなどをきっかけとして発症してしまう場合も有ります。

 

『顎関節症』の初期の症状にある、口を開ける際に音が鳴る、少し口が開け辛いなどの症状を感じている方は、意外と沢山いらっしゃるのですが、生活にそこまで支障が出ていなければ、特別な治療を行わなくても大きな支障もないため見逃されやすい症状でもあります。

 

しかしその状態が悪化してしまうと、ご飯を食べる際や、会話などの日常的に必要な動作を行う際にも痛みが出てしまったり、そもそも緊張が口が開かなくなる状態になってしまう為、食事や会話が出来なくなってしまい、生活に大きく支障が出てしまう場合も有ります。

 

日常生活で大きく支障が出てしまった際に、多くの方が何とかしようとして、初めて気付くのは「そういえば顎関節症って…どこで見てもらえるんだろう?」という事です。

歯医者さんや整形外科さんを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、顎の運動に必要な筋肉や関節のズレなどによる問題は、もしかしたら整体という方法が有効かもしれません。

 

理由としては顎関節症に関わらず、筋肉の固さが出たり、それに伴って関節の動きに左右の差などが出ると、歪んだ状態で使用する事によって、必要以上に負荷がかかってしまい、それが痛みなどの症状に繋がってしまう事があるため、その症状に対して筋肉を緩めたり、関節を正しい位置に調整したり、しっかりと運動を行える様にする整体が適しているからと考えるからです。

 

しかし残念ながら知名度として顎関節症=整体とならない訳としては『顎関節症』に対して整体を行っている院が、肩こりや腰痛などと比べて少ないからと考えます。

 

『顎関節症』を行う整体院が少ない理由としては、様々な理由があるとは思いますが、筋肉や骨、神経や血管、その他にも顎以外の場所に問題が生じていても顎の症状として出てしまう事があるため、専門的な知識が必要になってくる事が考えられます。

 

当院では柔道整復師という国家資格者が在籍しており、その国家資格を取得する際に解剖学、運動学などを学んできているため、顎の筋肉や靭帯、関節の状態、運動などを学んでおり、それに基づいて施術を行い、患者様にお身体の状態を説明する事が出来ます。

 

ご自身のお身体の状態をしっかりと把握し、それに基づいて調整を行う事によって、早期の改善が見込め再発の防止も行えると考えます。

 

顎に出る症状が、整体で解決するとは中々結びつかない方もいらっしゃると思いますが、多くの方は関節の歪み、筋肉の強張りにより、顎の運動が制限されてしまい、それにより症状が出てしまっている場合も考えられますので、その様な問題であれば当院でお力になれる事もあると考えます。

四日市にて『顎関節症』でお困りの方は『ささがわ接骨院・整体院』にご相談くださいませ。

 

当院の顎関節のページへ

 

 

 #ささがわ接骨院・整体院 #顎関節症 #あごの痛み #口が開かない #物を噛むと痛む #あごの音 

ページトップへ