急激な痛みが走る『ぎっくり腰』の解消方法と対処方法

四日市で骨盤矯正なら、ささがわ整体院・接骨院

0593231140 三重県四日市市西日野町4299
月~金 9:00~12:00 土 9:00~12:30/16:00~20:00
[休診日]午後土曜・日曜・祝日

スタッフブログ

急激な痛みが走る『ぎっくり腰』の解消方法と対処方法

スタッフブログ 2020年01月23日

こんにちは!
柔道整復師の見並です。

 

今日は『ぎっくり腰』について書いていきたいと思います。

 

『ぎっくり腰』とは急性腰痛症とも呼ばれ、それほど大きなきっかけが無くても、腰に強い痛みが出てしまう症状になります。

 

痛め方によっては立ち上がる事も出来ないほどの強い痛みが出る事でも有名です。

 

 

『ぎっくり腰』には実は正式な定義が存在しないため、関節にズレが生じてしまう説や、内臓が疲労してしまう説、神経の緊張による説…などなど様々な事が言われます。

 

その数ある説の中で「なるほど!」と思うような事もあれば「それってどうなんだろう…」と思うような事もあります。

諸説あるのですが昔から対処方法として大きく共通しているのは『患部に熱を持つので、ます冷やして安静にしよう』という事です。

 

 

最近ではこれに加えて『あまり安静にしてばかりではなく、なるべく早期に日常生活に戻した方が、その後の状態も良い』という話が出てきました。

 

 

なので『ぎっくり腰』は早期にお身体の状態を良くし、慢性的な腰痛を残さないためには、初期処置が非常に重要になります。

 

当院にお越しいただければしっかりと『ぎっくり腰』の処置を行い、お身体の状態やお仕事などの生活の環境に対して、どの様にしていけば良いかアドバイスさせていただきます。

 

しかし『ぎっくり腰』が発症しても、どうしても外せない仕事などがある事によって、治療を行う事が出来ず、動かなければならない場合もあると思います。

 

その場合はお時間が出来次第一度しっかりと受診して頂きたいのですが、ご自身で出来る簡単なケアを書いておきます。

 

まず極力患部の安静にし負担を減らすため、コルセットなどを使用してください。

日常的にコルセットに頼ってしまうと、ご自身の筋力の低下や、腰の関節が固定されている分背中や股関節に負担が掛かるため、あまりおすすめはしませんが『ぎっくり腰』の場合患部に熱を持っている可能性がありますので、そこに負担をかけてしまうと悪化してしまう可能性があります。

 

また患部を温める、冷やすのは諸説ありますが『ぎっくり腰』の状態によっては温める事により、痛みがさらに強くなってしまいますので、袋などに氷を入れ氷嚢などを用いて患部を冷やして頂くのが良いと考えます。

 

その上で痛めた日はあまり腰を動かさないのが良いと思われます。

 

安静に出来ていると痛みが治まってきますので、ある程度状態が良くなってきたら元の生活に戻し、お身体を少しずつ動かして頂いた方が、お身体の状態が良くなりやすいのですが、痛めた際に筋肉の緊張が強くなり、関節の動きも悪くなっている可能性が有りますので、動かし方を間違えると『ぎっくり腰』が再発してしまいます。

 

早期に改善し症状の再発や慢性的な腰痛を防ぐためにも、お身体の状態を一度しっかりと確認して頂くと良いと考えます。

 

筋肉の強張りや、骨格的な歪みだけでなく、お身体の使い方やクセなどを省みる事によって症状の再発のリスクは下げられると考えます。

 

 

当院では去年の末より『ぎっくり腰』専用のメニューが出来て、その内容と言いますのが院で出来る事をどれだけ行っても費用が一律になるメニューが出来ました。

 

以前までは整体による費用、テーピングや電気治療、筋膜治療やその他の効果がありそうな衛材など全て別に料金を頂く形だったため、最初に説明させて頂いた費用を越えない様に治療を行ってきましたが、これにより『ぎっくり腰』に対して出来る事が拡がったため、さらに早期に改善する事が期待できるようになりました。

四日市にて『ぎっくり腰』や『腰痛』でお困りの方は『ささがわ接骨院・整体院』にご相談くださいませ。

 

 

#三重県 #四日市 #笹川 #接骨院 #整体院 #ささがわ接骨院・整体院 #子供連れ #赤ちゃん連れ #個室
#むち打ち #痛み #しびれ #こり #骨格 #筋肉 #マッサージ #ストレッチ #頭痛 #肩こり #腰痛 #猫背 #ねこ背 #巻き肩 #反り腰 #自律神経 #小顔 #O脚 #美脚 #肩甲骨 #大転子 #ダイエット #姿勢 #痛くない #坐骨神経痛 #めまい #五十肩 #椎間板ヘルニア #脊柱管狭窄症 #顎関節症 #交通事故 #自賠責保険 #柔道整復師 #整形外科 #転院 #後遺症

ページトップへ