手のひら側が痺れる、力が入りづらい『手根管症候群』の解消

四日市で骨盤矯正なら、ささがわ整体院・接骨院

0593231140 三重県四日市市西日野町4299
月~金 9:00~12:00 土 9:00~12:30/16:00~20:00
[休診日]午後土曜・日曜・祝日

スタッフブログ

手のひら側が痺れる、力が入りづらい『手根管症候群』の解消

スタッフブログ 2020年01月21日

 

こんにちは!

柔道整復師の見並です。

 

今日は『手根管症候群』について書いていきたいと思います。

 

『手根管症候群』とは腕から指にかけて伸びている腱や神経が、手首の所にある手根管と呼ばれる所が何らかの原因により圧迫されてしまい、指の痺れや動かし辛さなどの症状が出てしまう状態になります。

 

この手根管と呼ばれるものは手首周辺にあり、骨と手のひら側にある靭帯によって構成されるトンネルの様な場所なのですが、その中を9本の腱と一緒に神経が通るため、それらが圧迫される事により神経の症状だけでなく、腱を痛めてしまい腱鞘炎の様な症状が出てしまう場合もあります。

 

『手根管症候群』は診察を受けても原因は不明とされる事も多いですが、男性よりも女性に多く、家事などにて日常的に一定の動作などを行う事が多い場合に発症してしまう事が多い様に感じます。

 

『手根管症候群』では指の細かな作業に支障が出てしまうので、指の動きに支障が出ると仕事や家事などにも支障が出てしまう事が多くなります。

 

『手根管症候群』の一般的に行われる治療としては、圧迫される様な動作を控えたり、患部への注射、湿布や痛み止めなどの薬が処方され、それでもあまり効果が見られず、日常生活に支障が大きく出ている場合は、内視鏡を用いた手術が行われる事もあります。

 

しかし残念ながら『手根管症候群』では手首だけの問題で起きている事は少ないため、患部への局所的な調整では中々症状が改善されなかったり、症状が再発してしまう事が多い様に感じます。

 

『手根管症候群』になる方の多くは、腕が捻じれがクセになってしまってい、いわゆる骨格の歪みが起きてしまっている方が多い様に感じます。

 

通常前腕と呼ばれる場所は橈骨と尺骨という2本の骨があり、一方の骨を起点として、もう一方の骨が動く事によって、手首を開いたりする動きが可能になっております。

 

もちろんその動作自体は正常な動きなので問題はないのですが、その運動を行う為には沢山の筋肉がしっかりと役割を果たす事によって動作が可能になるため、一定の動作が多くなるような作業が多くなると、その動作の癖が付いてしまい、腕が捻じれた状態で筋肉が固まってきたりすると骨格も歪んでしまいます。

 

筋肉の強張りがあり、骨格の歪みなどが出てくると、それに伴って前腕部と筋肉などでつながりを持っている上腕部、手首、指などにも負荷がかかってしまい、その状態で使い続けてしまうと、それらの関節の位置もズレが生じてしまいます。

そうすると手首にある手根管も、関節の捻じれからトンネルの部分が狭くなってしまい、それが神経や腱などの圧迫を起こし、症状の基になっている可能性がありますので、調整するに当たっては症状が出ている手首だけでなく、指や肘、場合によっては肩関節などの調整も必要になってくると考えます。

 

当院では来院時にお時間を頂いて、しっかりとお身体の状態の検査をさせて頂き調整を行っていきます。

 

『手根管症候群』では作業の内容や生活によって、腕の捻じれ方などがそれぞれ違う場合も有りますので、それぞれ患者様に合わせた調整を行っていきます。

 

『手根管症候群』では手首だけでなく、腕全体の捻じれが関与している場合がありますので、中々改善が見られない場合は、整体により全体的な調整をお考えいただくのも良いかもしれません。

 

四日市にて『手の痺れ』『手根管症候群』でお困りの方は『ささがわ接骨院・整体院』にご相談くださいませ。

 

ご予約・お問い合わせはこちらから

 

#三重県 #四日市 #笹川 #接骨院 #整体院 #ささがわ接骨院・整体院 #子供連れ #赤ちゃん連れ #個室 #むち打ち #痛み #しびれ #こり #骨格 #筋肉 #マッサージ #ストレッチ #頭痛 #肩こり #腰痛 #猫背 #ねこ背 #巻き肩 #反り腰 #自律神経 #小顔 #O脚 #美脚 #肩甲骨 #大転子 #ダイエット #姿勢 #痛くない #坐骨神経痛 #めまい #五十肩 #椎間板ヘルニア #脊柱管狭窄症 #顎関節症 #交通事故 #自賠責保険 #柔道整復師 #整形外科 #転院 #後遺症 

ページトップへ