【子どもの肘抜け予防】子供と遊ぶ時に、手の引き方に注意!

四日市で骨盤矯正なら、ささがわ整体院・接骨院

0593231140 三重県四日市市西日野町4299
月~金 9:00~12:00 土 9:00~12:30/16:00~20:00
[休診日]午後土曜・日曜・祝日

スタッフブログ

【子どもの肘抜け予防】子供と遊ぶ時に、手の引き方に注意!

スタッフブログ 2019年11月27日

ささがわ接骨院・整体院の院長の加藤です。

 

小さなお子さんと遊ぶのって、癒されますよね~

 

しかし、小さなお子さんは経験が無い為に、予期しない行動をして、痛い目に合う事もしばしばありますよね?

 

そんな中で、【子どもの肘抜け(肘内障)】を経験された親御さんも多いかと思います。

 

当院では1~2カ月にお一人は肘が抜けたお子様が来院されます。

 

勿論、接骨院(柔道整復師と言う国家資格者)なので、肘抜けの整復は得意なのですが、そもそも、肘が外れない様に気を使えば、お子様の肘抜けは防げます。

 

【原因】
腕は橈骨(橈骨)と尺骨(しゃこつ)と言う2本の骨から出来ています。

【手】は橈骨と主に繋がっており、尺骨は主に上腕骨(二の腕と言った方が分かりやすい?)と主に繋がっています。

 

お子さんの手を引っ張ると、肘の部分の橈骨と尺骨の繋ぎの所で、橈骨が外れかかってしまいます。(亜脱臼の状態)

 

子どもの骨格と大人の骨格の大きな違いは、軟骨が完全な骨化してないと言う事であり、関節構造も柔軟性はあるものの、その位置関係は破綻しやすいんです(ずれ易い、亜脱臼しやすい)

 

【予防】
でも、子供の手を持ってぶん回したいですよね(笑)

手だけを持って引っ張ると、肘抜けしてしますので、手首を持ってあげて下さい。

手首、つまり橈骨と尺骨を一緒に握ってしまえば、抜ける事はありません。

お子さんをぶん回したい時には、お子様の手も一緒に握って、お子様にもぎゅっと握ってもらいましょう。

お子様が力を入れていれば、なお抜ける事は無いでしょう。

 

お子様が寝っ転がって、『駄々をこねてる』場合も、冷静に手首を持って起こしてあげて下さい。

 

それでも、意図せぬ原因で肘が抜ける事があります。

 

例えば、兄弟げんかをして、お兄ちゃんお姉ちゃんに引っ張られる。

 

寝返りを打つ

 

後ろ手にして、車に乗って寝ている間に抜ける

 

などなど。。。

小学生になる頃まで、肘抜けのリスクはありますので、周りの人(ご兄弟、おじいちゃんおばあちゃんなど)にも伝えてあげて下さい。

 

それでも抜けちゃった場合は、最寄りの接骨院へ行って下さい。

 

数秒の整復で済みます。

 

整形外科病院の、長い待ち時間は要りません。

 

参考までに。

ページトップへ