四日市でストレートネックが気になる方|『ストレートネック』と言われる状態になり、筋肉の負担が増え『首の痛み』などの症状が出て困っている方は一度ご覧ください。

四日市で骨盤矯正なら、ささがわ整体院・接骨院

0593231140 三重県四日市市西日野町4299
月~金 9:00~12:00 土 9:00~12:30/16:00~20:00
[休診日]午後土曜・日曜・祝日

予約フォーム

ホットペッパービューティー

スタッフブログ

四日市でストレートネックが気になる方|『ストレートネック』と言われる状態になり、筋肉の負担が増え『首の痛み』などの症状が出て困っている方は一度ご覧ください。

スタッフブログ 2019年10月25日

 

こんにちは!

柔道整復師の見並です。

 

今日は『ストレートネック』と『首の痛み』などについて書いていきたいと思います。

 

まずは『ストレートネック』について書いていきたいと思います。

 

本来背骨には首であれば前弯、胸椎と呼ばれるあばら骨が付いている場所には後弯、腰の腰骨がある部分は前弯、仙骨(仙椎)と呼ばれる骨盤にある場所は後弯しており、上から前・うしろ・前・うしろという形でS状の状態になっております。

 

『ストレートネック』では本来首の骨にある前弯が失われ、真っ直ぐになってしまう状態になります。

 

この状態になると頭も前に出てきてしまうため、それを支える為に背部の筋肉にも余分な負担がかかってします。

 

現代ではスマートフォンやパソコン、筋力の弱化などにより『ストレートネック』の方が増え、現代病の一つになってきています。

見分け方としては背中を基準とした時に頭の位置が前に来ている事もありますが、本来は角度なども決まっており、症状が出た際に整形外科などに行き、レントゲンを撮る事によって分かる事が多くなります。

 

前述したのですがストレートネックになると筋肉に余分な負担が掛かり、その状態が続くと疲労が溜まり『首の痛み』や『肩こり』などの状態になり易くなってしまいます。

 

筋肉の疲労による部分が大きいので、マッサージやストレッチを行うと、ある程度楽にはなるのですが、またしばらくすると症状が戻ってきてしまうのも特徴的です。

 

来院される方でたまにいらっしゃるのが、お医者さんから『ストレートネック』と言われたにも関わらず、シップにて様子を見てと言われた方や、リハビリとして電気治療のみを行っていたという方もいらっしゃいますが『ストレートネック』が原因と考えるならば、状態を変えるためには筋肉を緩めるだけでなく、骨格や姿勢を変えていく必要があるという事になってきます。

 

次に『ストレートネック』の状態での『首の痛み』について書いていきたいと思います。

 

痛みが出るには色々なパターンがあるのですが、多くは身体に何らのエラーが出た際にそれを伝えるために出る事が考えられます。

 

『ストレートネック』では

首が前に出る(骨格の問題) 

⇒ 頭の重みを支える為、後ろの筋肉の負担が増す(筋肉に問題) 

⇒ 筋肉の代謝が悪くなってしまい血行不良、老廃物が溜まる(血行の問題) 

⇒ エラーとして末梢神経から脳へ伝達 

⇒ 凝り、痛みを感じる 

⇒ 骨格により負担がかかる状態を続けているため、回復力より疲労が上回り中々解消しない

 

簡単に説明するとこの様な状態になっていると考えられます。

 

首の骨の関節の調整ももちろん行うのですが、首だけが独立して存在している訳ではないので、多くの方は他の骨格などの調整も必要になってきます。

 

調整を行うと痛みなどの解消や姿勢の変化、動ける範囲を増やす事はそれ程難しくはなくのですが『ストレートネック』の状態を変えていくのは、少しお時間がかかります。

 

理由としては『ストレートネック』になってしまう事に多い理由に、スマートフォンやパソコンを上げましたが、それらを行うのにご自身の『脳』が『ストレートネック』がある不良姿勢が楽、もしくは最適であると認識しているからです。

なので最初の内は良い姿勢になるように調整を行うと、それがいつもと違う様に感じてしまい戻ろうとする力が働きます。

 

お身体を変えるためにはまずしっかりと骨格の調整を行い関節を動ける様にする事と、その上でご自身で意識して頂くことによりお身体はしっかりと変わってくると考えます。

 

『ストレートネック』で症状が出ている場合、症状を変えていくためには骨格、姿勢を変えていく必要があると考えます。

 

四日市にて『ストレートネック』や『首の痛み』などでお困りの方は『ささがわ接骨院・整体院』にご相談くださいませ。 

ページトップへ