四日市で顎の痛みの治療なら|口を開けた際の『顔の歪み』と『顎関節(がくかんせつ)の痛み』

四日市で骨盤矯正なら、ささがわ整体院・接骨院

0593231140 三重県四日市市西日野町4299
月~金 9:00~12:00 土 9:00~12:30/16:00~20:00
[休診日]午後土曜・日曜・祝日

予約フォーム

ホットペッパービューティー

スタッフブログ

四日市で顎の痛みの治療なら|口を開けた際の『顔の歪み』と『顎関節(がくかんせつ)の痛み』

スタッフブログ 2019年10月24日

こんにちは!

柔道整復師の見並です。

 

今回は『顎関節症(がくかんせつしょう)』について書いていきたいと思います。

 

最初に『顎関節』について簡単に書いていきたいと思います。

 

『顎関節』とはあごに有るの関節を指しますが、どの辺りにあるのかと言うと、この関節は耳の穴の前方辺りにあり、頭の骨と下顎骨という骨によって構成される関節になります。

関節と呼ばれるくらいなので、あごを動かす筋肉がついていたり、関節が大きくズレない様に靭帯と呼ばれるバンドがあったり、骨と骨同士がぶつからない様に関節円板というものが間にあったりします。

 

『顎関節症』では、この筋肉や靭帯、関節周辺などに何らかの形で問題が起きる事を言います。

 

この問題の中には【あごを開けると痛い・違和感がある】【あごが開けづらい】【物をかむ時に痛い】【あくびが出来ない】【音が鳴る】【あごがカクンとなる】【顔が歪む】などの様々な症状が出てきます。

 

話す、食べるなど動きにより、日常的に多く使われる関節のため、痛めやすい関節でも有ります。

 

顔や頭の骨の中で一番動きが大きい所になりますので、バランスが崩れると『顔の歪み』として出る場合も有りますし、口を大きく開けたりすると左右に差がある事が気になる場合もあります。

 

『顎関節症』で悩まれている方は意外と沢山いらっしゃるのですが、よく言われるのは「あごを痛めた場合、どこに行けば見てもらえるのかわからない」という言葉を聞きます。

歯自身に問題があれば歯医者さんに見て頂くのが一番だと考えますが、あごの関節のズレや動き易くするという場合は整体という方法をお考え頂くのも良いと考えます。

 

『顎関節症』が出ている場合に多く行われるのはマウスピースによる治療や、ペインクリニックであればレーザーによる治療も行われたりします。

 

歯並びに大きな問題があり、それにより問題がある場合はマウスピースを作って頂くのも良いと考えます。

 

しかしマウスピースが使われる理由として嚙み合わせの悪さや、睡眠時の歯ぎしりの負荷軽減などが挙げられますが、マウスピースを行う事によって緊張している場合も有り、負荷軽減するのであれば、負担が掛かっている筋肉などを緩めてもらう事により、症状を早く変える事が出来ると考えます。

 

またレーザーによる治療も良いのですが、痛みが出なくなったとしても、痛めてしまった原因に関しては変わっておりませんので、再発させないためにはお身体の状態を知り、ご自身の癖や関節の調整を行って頂くと、再発の防止になるではないかと考えます。

 

あごの症状が出る原因にはもちろんあご自体の関節がズレる事により、問題が起きる場合もありますが、その他の関節のズレなどが要因によっても症状が出ている場合があります。

 

一番多いのはあごの関節の近くにある、首の関節の問題になります。

 

通常あごを開く際には頭少し上を向く、首の伸展という動作が行えなければいけませんが、この動作が何らかの形で出来ない、もしくは動き辛くなっている方がいらっしゃいます。

その場合ですと同じ口を開く動作を行った際に、首の動きが悪い分、あごへの負担が強くなってしまいます。

 

一例として挙げましたが、意外とあご以外の問題により、症状が出ている場合も有りますので、当院の整体ではそれらも含めて調整を行っていきます。

 

あごの整体自体は行っている所が少ない事も有り【あごの症状=整体】という考えはあまり無いと思うのですが痛みに対して直接的に治療を行うのではなく、関節のズレを修正し、しっかりとあごの動きを出来る様にして頂く事で、症状の再発を防ぎお身体を良くして頂く事が出来ると考えます。

 

あごの筋肉や関節のズレが問題となってくる場合、当院の整体を行う事によって悩みを解消出来るかもしれません。

四日市にて『顎関節症』でお悩みの方は『ささがわ接骨院・整体院』にご相談くださいませ。

 

当院の顎関節のページへ

ページトップへ