四日市でギックリ腰の治療なら|『ぎっくり腰』を繰り返すことにより、『腰痛』が慢性化して困っていた 40代男性

四日市で骨盤矯正なら、ささがわ整体院・接骨院

0593231140 三重県四日市市西日野町4299
月~金 9:00~12:00 土 9:00~12:30/16:00~20:00
[休診日]午後土曜・日曜・祝日

予約フォーム

ホットペッパービューティー

スタッフブログ

四日市でギックリ腰の治療なら|『ぎっくり腰』を繰り返すことにより、『腰痛』が慢性化して困っていた 40代男性

スタッフブログ 2019年04月26日

四日市でギックリ腰の治療

こんにちは!
柔道整復師の見並です。

 

 

今日は『ぎっくり腰』や『腰痛』について書いていきたいと思います。

 

 

まず『ぎっくり腰』から説明していきます。

 

『ぎっくり腰』とは腰部に起きる、急性のお怪我の状態になります。

 

このお怪我は何らかの原因により、靭帯や関節などに負荷がかかってしまい、患部を痛めてしまう状態になると考えられます。

 

 

お怪我を起こすと患部が治る過程で『炎症』と呼ばれる状態が起こります。

 

炎症とは、腫れたり、熱を持ったり、赤くなったりする状態を言い、これが外からは見えない内面で起きている状態と考えられます。

 

『ぎっくり腰』が起きてもそのままお仕事に行ける方もいますが、この炎症が神経に近い場所で起きてしまうと、症状が強く出てしまい歩くのも辛い状態になります。

 

 

この『ぎっくり腰』はお怪我という話をさせて頂いたのですが、靭帯などに傷が出来ると、完全には修復されず靭帯が緩んでしまい患部に弱い所が出来てしまいます。

 

痛めてすぐに処置を行うことが出来れば、この緩みを最小限にとどめる事が出来るかもしれませんが、痛みを我慢してそのまま使っていると、関節は緩み、それを支えるため筋肉の緊張が強くなり、慢性的な筋肉疲労などが出て『腰痛』が起きやすくなってしまいます。

姿勢の歪み

 

筋肉の緊張は『腰痛』を起こすだけでなく、関節の動きに制限をかけ、姿勢なども変わってしまう為、その他の場所も状態が悪くなる場合が多く、これが『ぎっくり腰』の再発のリスクを高めます。

 

 

『ぎっくり腰』の再発を繰り返していると、完全には修復されないのでどんどん状態が悪化していきます。

 

しっかりと処置を行い、予防をしておく事が日常的にお身体を使っていく上で大切になると考えます。

 

 

今回の方も今まで『ぎっくり腰』を何度も繰り返し『腰痛』も慢性化してしまっていました。

 

この慢性化した『腰痛』が年を増すごとに酷くなっていき、痛みが強くなり仕事にも支障が出てきたため当院へとお電話頂きました。

 

 

長年痛みを我慢してきたためか、来院時は姿勢も変わってしまい、腰以外も骨盤や足などの筋肉の緊張も出ていました。

 

一時的ではなく慢性的に『腰痛』を抱えている方は、腰以外にも問題がある方が多いようにも感じます。

 

 

腰以外の問題が見受けられたため、先に足の問題を解除するように施術を行ったところ、立ち上がった時点で姿勢や痛みが変わり、動ける範囲にも変化が出ていました。

 

 

腰の整体を行うとさらに変化が出て、整体によって身体が変わる事はわかったのですが、残念ながら1回の施術ではお身体を変える事は出来ても、良い状態を維持できることは難しくなります。

 

 

仕事に支障を出さず良い状態を維持出来る様にするために、継続的な治療をお考えいただきました。

 

 

継続的に治療を行っていくと、腰だけでなく足の状態も良くなり、動ける範囲も増えて行きました。

 

 

集中的に整体を行った事もあり6回目には関節の動きも増え、痛みも出なかくなってきて、患者様から「調子ええよ」という言葉も頂ける様になってきましたので、今度は期間を空けながら経過を見させていただきました。

 

 

『ぎっくり腰』や『腰痛』を再発させないため、現在も月に1,2回ほど様子を見させて頂いておりますが、以前に感じていたような痛みなどは出ておりません。

 

腰を痛めてしまった場合は早期にしっかりと処置を行う事で、その後の状態も大きく変わってくると考えます。

 

 

日市にて『ぎっくり腰』『腰痛』でお困りの方は『ささがわ接骨院・整体院』にご連絡くださいませ。

 

当院のギックリ腰のページへ

ページトップへ