四日市で顎関節の治療なら|『あご』の痛みが出て、口も開け辛くなり悩んでいた30代の女性|四日市で骨盤矯正なら、ささがわ接骨院・整体院へお任せ下さい。

四日市で骨盤矯正なら、ささがわ整体院・接骨院

0593231140 三重県四日市市西日野町4299
月~金 9:00~12:00 土 9:00~12:30/16:00~20:00
[休診日]午後土曜・日曜・祝日

予約フォーム

ホットペッパービューティー

お知らせ

四日市で顎関節の治療なら|『あご』の痛みが出て、口も開け辛くなり悩んでいた30代の女性

お知らせ 2019年04月11日

 

こんにちは!

柔道整復師の見並です。

 

今日は『あご』の痛みと開け辛さで悩んでいた患者さまについて書いていきたいと思います。

 

 

今回の患者様は特に思い当たるきっかけがあった訳ではなく、朝起きた際に顎に違和感を感じて、その後からご飯を食べたり、会話、特に欠伸を行う時の様に大きく口を開ける動作にて痛みや開け辛さの症状が出て悩んでいました。

 

 

『あご』の関節に問題があり、痛みや開け辛さが出てしまう状態を『顎関節症(がくかんせつしょう)』と言います。

 

 

この『顎関節症』とは頭の骨と下顎の部分の骨が関節を作っている『顎関節』の場所の筋肉や靭帯、関節円板と呼ばれる場所に問題が起きると発症すると言われています。

 

一般的に『あご』に問題が起きると歯医者さんで治療が行われます。

 

 

治療方法としてはマウスピースなどによる治療やペインクリニックと呼ばれる場所では光線療法が用いられたりします。

 

 

歯並びや夜間の歯ぎしりが原因となっている場合は解消される事も有りますが、治療を行っても中々改善が見られない場合は『あご』以外の問題がある場合があります。

 

今回の方も『あご』の治療のため3ヶ月くらい通われたみたいなのですが、症状の変化が有りませんでした。

 

 

『あご』の問題が出た際に整体を受けるという発想はなかったのですが、中々改善しなかった為ご自身で調べていたところ、整体で『あご』が良くなったという患者様の感想を見かけてお電話頂きました。

 

当院に来院される『顎関節症』でお悩みの方の多くは『首』に問題を抱えている方が多くいらっしゃいます。

 

『あご』の関節と首の骨はすごく近い所にあり、首の骨に片方に向く癖や歪みが有ったり首の動きが悪くなると、開ける時に邪魔される為開け辛くなります。

 

 

『あご』を開ける動作では首と頭の関節が動き、『伸展』と呼ばれる上を見るような動作が必要となってきます。

 

 

試しにやって頂きたいのですが、下を向きながら口を開くと正常であれば開き辛くなるのですが、上を向いて口を開けると、下を向いている時よりも開けやすくなるのが体感できると思います。

 

 

なので当院で『顎関節』の治療を行う場合『あご』の関節の調整や周辺の筋肉を緩める事に加えて、首の調整なども同時に行っていきます。

 

 

今回ご来院された患者様も首の動きをつけると、それだけで最初は指が2本くらいしか入らなかったのが、指が3本入る位になって来ました。

 

 

それに加えて顎周辺の調整を行うと痛みの変化も出て、終わるころには痛みを余り感じない状態になっていました。

 

しかし残念ながら毎日の食事や癖などによって、関節の位置を前の状態に戻そうという力が働きます。

 

 

良い状態に変え、それを維持するためには、集中期間を設けて治療を行う必要があります。

 

 

今回の方もお身体を変えるために、集中期間を設けて頑張って頂きました。

 

 

2回目ご来院頂いた際には、やはり少し戻りがあり、指が2.5本分開く状態、痛みではなく口を開くと違和感を感じる状態でした。

 

 

最初よりも開くようになり、痛みが変わったため喜んでは頂けましたが、まだバッチリの状態ではないため、2回目も首や顎の関節の調整を行っていきました。

 

 

3回4回と治療を行っていくと違和感も小さくなり、口も徐々に開けれる状態を維持できるようになってきました。

 

 

大きく変化を体感して頂いたのは7回目の時でした。

 

 

当院では治療を行う際に、痛みを無くすのではなく、その先の目標を決める事が多いのですが、今回の方はそれがハンバーガーを口を空けて食べる事でした。

 

 

症状が出てからは食べ様と口をあけると痛みや違和感、それに開け辛さがあるのも伴って、1つのハンバーガーを食べるのにすごく時間がかかってしまったと仰っていました。

しかし7回目ご来院頂くまでに一度試して頂いた所、無事食べられる様になっていました。

 

 

関節の動きが維持できるようになってきたら、今度は期間を空けながら調整を行っていただきます。

 

 

今回の方は徐々に期間を空けても問題がなかったため、1カ月空けても症状が出ない事を確認し無事卒業されました。

 

中々改善されない『あご』の問題はもしかしたら、『あご』以外にも問題があるかもしれません。

 

 

四日市にて『顎関節症』でお困りの方は『ささがわ接骨院・整体院』にご連絡下さい。

 

当院の顎関節治療のページへ

ページトップへ