四日市で交通事故の治療なら|交通事故などで良く聞く『むち打ち症』について

四日市で骨盤矯正なら、ささがわ整体院・接骨院

0593231140 三重県四日市市西日野町4299
月~金 9:00~12:00 土 9:00~12:30/16:00~20:00
[休診日]午後土曜・日曜・祝日

予約フォーム

ホットペッパービューティー

スタッフブログ

四日市で交通事故の治療なら|交通事故などで良く聞く『むち打ち症』について

スタッフブログ 2018年12月11日

こんにちは!
柔道整復師の見並です。

今日は『むち打ち症』について書いていきたいと思います。

 

最初に『むち打ち症』とは正式な傷病名ではありません。

病院にてレントゲンなどによる画像検査や診察を受けた際に『頸椎捻挫』や『頚部捻挫』、『外傷性頚部症候群』と呼ばれるものが『むち打ち症』になります。

 

『むち打ち症の原因』としては様々なものが考えられますが、交通事故に遭われた時や格闘技などをされている際に、首が鞭のしなる様に動かされ、必要以上に外力が掛かっってしまった際に起こってしまう首周辺のお怪我の状態を指します。

予期せぬお怪我な為、様々な場所を損傷してしまい、そのお怪我の状態に合わせて症状が変化します。

一言で『むち打ち症』といっても損傷個所などで種類があるため、幾つか『むち打ち症の種類』について書いていきたいと思います。

 

まず最初に『むち打ち症の種類』の中でも最も数が多いとされるのが『頚部捻挫型』となります。


この『頚部捻挫型』では外力が働くことにより、筋肉や靭帯、軟部組織などに損傷が起こります。

 

次に『神経根症状型』があります。

交通事故の衝撃などにより頸椎(首の骨)関節に歪みが生じ、その歪みにより神経が圧迫される事により発生します。

 

次に『バレー・リュー型』と呼ばれるものが有ります。

この『むち打ち症』は大まかに分けると『神経根症状型』が神経によるもので『バレー・リュー型』は頸椎関節の歪みにより体幹から首を通って頭に伸びる『椎骨動脈』に問題が起きている事を指します。

 

この他に脳と神経の間にある脊髄を痛めてしまう『脊髄損傷型』や事故のショックで脳脊髄液のバランスが崩れる事により症状が出てしまう『髄液減少型』などがあります。

 

それぞれ損傷してしまった場所により『むち打ち症の症状』は異なってきます。

 

『頚部捻挫型』で起きてしまう『むち打ち症の症状』としては、筋肉や靭帯を痛めてしまう事になりますので首の動かし辛さや首筋や肩甲骨周辺の痛みなどが出てきます。

 

『神経根症状型』の『むち打ち症の症状』は歪みによって神経を圧迫する形になりますので、圧迫される場所によっては神経の走行に沿って腕の痺れの症状が出たり、顔や後頭部に症状が出る事もあります。


咳やくしゃみ、首を横に向けるなどの日常的な動作にて、症状が強くなるのも特徴です。

 

『バレー・リュー型』の『むち打ち症の症状』は歪みにより動脈が圧迫され、脳への血流が足りなくなるので頭痛やめまいと言った症状が出てきます。

 

『脊髄損傷型』の『むち打ち症の症状』は損傷個所によっては、首のお怪我にも関わらず下半身の痺れや歩き辛さなどの症状が出る事があります。

 

『髄液減少型』の『むち打ち症の症状』では事故のショックにより急激に圧が高まって、その圧が頚部から腰部へと伝わることにより症状が起きるため、説明としては曖昧な形になりますが、頭痛から下半身の症状まで様々な形で出てきます。

特徴としては環境などによる影響を受けやすく、天候や気圧の変化も受けやすくなります。

 

幾つか『むち打ち症の種類』と『むち打ち症の症状』を書かせていただきましたが、外力を受けることににより発生する為、筋肉だけ傷めている、神経だけ痛めているという事はなく複数の種類が当てはまる場合があると考えます。

 

交通事故による『むち打ち症』では、損傷してしまった筋肉や靭帯などと、それに伴った関節の歪みを早期にしっかりと治療していく事が、後遺症を残さないためにも必要な事だと考えます。

 

当院では国家資格師が2名在籍しているため、病院などと同じように窓口負担が『0円』にて交通事故の治療を行う事が可能となっております。

四日市にて『むち打ち症』の改善をお考えの方は『ささがわ接骨院・整体院』にご連絡下さい。

 

 

当院のむち打ちのページへ

ページトップへ