【四日市で寝違いからくる肩こりの治療なら】『旅行先で『寝違い』をしてしまい、そこから慢性的な『肩こり』が酷くなってしまった30代の男性』

四日市で骨盤矯正なら、ささがわ整体院・接骨院

0593231140 三重県四日市市西日野町4299
月~金 9:00~12:00 土 9:00~12:30/16:00~20:00
[休診日]午後土曜・日曜・祝日

予約フォーム

ホットペッパービューティー

スタッフブログ

【四日市で寝違いからくる肩こりの治療なら】『旅行先で『寝違い』をしてしまい、そこから慢性的な『肩こり』が酷くなってしまった30代の男性』

スタッフブログ 2018年06月14日

 

こんにちは!

ささがわ接骨院・整体院の見並です。

 

 

今日は首~肩にかけての痛みや、横が向き辛いといった動かし難さの症状が出てしまう『寝違い』と、それに伴って慢性的な『肩こり』が酷くなってしまった患者さんについて書いていきたいと思います。

 

この患者さんは久しぶりの休暇に、ご夫婦で海外に旅行へ行かれました。

 

 

ホテルに宿泊し朝起きた際に、首から肩にかけて違和感を感じました。

 

 

原因としては飛行機による長旅で肩に疲労が溜まっていたのか、ホテルの寝具がお身体に合ってなかったのか、前日お酒を飲んで寝返り等の姿勢の調節が上手くできなかったのか等々、色々考えられますが、お身体の状態としては首から肩甲骨にかけて痛みが走り、右を向く事が出来ない状態になりました。

 

 

折角の旅先ということもあり、しばらく我慢したら症状も落ち着いて行くだろうと考え、痛めた当初は特に治療は行わず、様子を見ながら観光されていたそうです。

 

 

『寝違い』による痛みや動き辛さは有ったものの、徐々に痛みも落ち着いていき無事旅行を終えられました。

 

 

しかし『寝違い』を起こされて以来、以前より有った『肩こり』が酷くなり、常に肩の違和感を感じ、首が向き辛くなりました。

 

 

お仕事が忙しくなりさらに『肩こり』が酷くなると、ふと首を動かした時にピキッとなり、また『寝違い』を再発しそうな危うさが出るようになった為ご来院頂きました。

 

 

通常であれば『寝違い』が起こったとしても、3日~1週間位で痛みが治まる場合が多いのですが、『寝違い』の様に痛めてしまうと、患部が炎症を起こしてしまいます。

 

 

しばらくして炎症が治まると、痛みが落ち着いてくるのですが炎症が治まると共に、周辺の組織が固まってしまい自覚症状として『コリ』という形になり、これが慢性的な『肩こり』や『首こり』の元になり痛みや動かし辛さが出る事があります。

 

 

炎症が引き強い痛みを感じなくなると『寝違い』が治ったと思い、首の動かし辛さや慢性的な『コリ』、場合によっては痛みを感じていたとしてもとしても、症状をそのまま放置される方がいらっしゃいますが、この状態が続くと再度『寝違い』を起こしてしまい、症状を繰り返す可能性が高くなります。

 

 

再発しないためには首や肩の状態を良くし、弱ってしまった関節に負担が掛からないようにする必要があります。

 

 

その為には筋肉をマッサージするだけではなく、骨を動かし関節に動きを付けていく必要があります。

(ちなみに骨を動かすといっても、関節をバキボキ鳴らしたりはしないのでご安心ください。)

 

肩甲骨に動きをつけ、頸椎(首の骨)、胸椎(首と腰の間の背骨)といった背骨の間にある関節に動きを付けていく事によって、関節を動かすために付いている筋肉も代謝され可動域も広がってきます。

 

 

今回ご来院された患者さんも、ご自身にて痛いところをマッサージをしたりストレッチをすると楽にはなるのですが、関節の調整を行っていないため動き辛さは変わらず、しばらくするとまた肩が重くなってきて『肩こり』を感じていました。

 

 

『肩こり』の治療として、先ほど説明した関節の調整を伴った整体を行う事により、元々感じていた慢性的な『肩こり』を解消させるだけでなく,可動域も増え、お身体もどんどん良い状態に変わっていきました。

 

 

来院当初は、首の向き辛さにより運転などもお困りだったのですが、今では可動域も増えたため、そういったストレスも解消されました。

 

 

日常的に肩や首に違和感を感じている方も、当院の整体ならお力になれるかもしれません。

 

 

四日市にて『肩こり』の解消をお考えの方は、ぜひ一度『ささがわ接骨院・整体院』にご連絡下さいませ。

 

当院の肩こりのページへ

ページトップへ