四日市で骨盤矯正なら、ささがわ整体院・接骨院

0593231140 三重県四日市市西日野町4299
月~金 9:00~12:00 土 9:00~12:30/16:00~20:00
[休診日]午後土曜・日曜・祝日

予約フォーム

ホットペッパービューティー

スタッフブログ

ギックリ腰にテーピングって効くの?湿布はしなくていいの?

スタッフブログ 2015年06月20日

腰テーピング

ギックリ腰にテーピングって効くの?湿布はしなくていいの?

 

ささがわ接骨院では最近、ギックリ腰の患者様も多く見えています。

 

ギックリ腰とは、色んな説があるのですが、腰の背骨関節や骨盤関節に負荷がかかり、捻挫を起こす事です。

 

捻挫は『捻じる』と意味合いがありますが、関節に負荷がかかった際に関節に隣接するじん帯や、筋肉を伸ばして損傷している状態です。

 

その為、施術として必要なのは、患部の安静による組織修復が必要となります。

 

しかし考えて頂きたいのは、そんな筋やじん帯を伸ばして痛めるほど、大きな負荷がかかったのですか?と、言う事です。

 

まぁ、腰をバットでどつかれたとか、大きな石が飛んできて当たったとか、1m位の高さから落ちたみたいに、「そらぁ、痛いよな~」と、言う状態ならば別ですが・・・

 

多くは日常的な作業やふっとした瞬間などに起こります。

 

つまり、たったそんだけの負荷でも、自分の腰を痛めてしまうほど、腰が弱くなっていると言う事です。

 

そしてそんな方々の多くは、骨盤が歪んでいたり、筋肉の柔軟性が悪かったり、筋肉が弱かったり、急に太ってしまっていたり、大体共通するものがあります。

 

さて、ささがわ接骨院のギックリ腰の施術は、痛みの程度や、痛みを起こしてからの経過時間によって変わります。

 

ギックリ腰を起こしてから、1カ月経っても痛みが残っている、なんて場合はもはやギックリ腰の症状と思っていませんので、通常に整体をさせて頂きます。

 

ギックり腰を起こして間も無ければ、炎症を引かせる電気療法と寒冷療法を行い、その後出来る範囲で、骨盤・脊柱を調整して、そこの負荷を減らすよう

に、テーピングを行います。

 

前屈可動域は悪くなるのですが、明らかに動きは良くなります。

 

翌日朝は、少し体が固まりますが、昼頃には動けるようになる場合があります。

 

テーピングは調整を行った、骨盤関節・腰椎関節を安静にして、組織修復を促進する働きもあります。 ギックリ腰は最初から、ドカーン!と痛くなった方が、すぐに治療に来られるので、最初は気の毒なほど大変そうに見えても、案外治癒するのは、だらだら、少しずつ痛くなって、来院が遅れた人の方が痛みがとれにく方も多いのです。

 

ギックリ腰を起こしたら、すぐにささがわ接骨院かお近くの接骨院へ来院されると良いかと思います。

 

ページトップへ