四日市で骨盤矯正なら、ささがわ整体院・接骨院

0593231140 三重県四日市市西日野町4299
月~金 9:00~12:00 土 9:00~12:30/16:00~20:00
[休診日]午後土曜・日曜・祝日

予約フォーム

ホットペッパービューティー

スタッフブログ

坐骨神経痛で長時間立っていたり、歩いていてお尻から太ももにかけて痛みが出る方の応急処置

スタッフブログ 2015年06月14日

3223c97525b02873a8e04ae620ae22e1_m c2fead4daa811737115e866d18e8417e_m

お尻から太ももの裏側もしくは少し外側の、表現がしにくいような、痛みを『坐骨神経痛う症状』と呼んでいます。

 

『坐骨神経痛症状』の主な原因は2つ

 

一つは椎間板ヘルニアなどの、『根性坐骨神経痛』と呼ばれ、椎間板の脱出などにより、神経の圧迫または、接触部分の炎症などにより坐骨神経痛症状を呈します。

 

そしてもう一つは、『筋肉などによる狭窄性坐骨神経痛』です。

 

恐らく坐骨神経痛症状を呈する、最も多い原因では無いかと思います。

 

中には『根性坐骨神経痛』と『筋肉性狭窄性坐骨神経痛』が混在している症状もあります。

 

これは症状の比率の問題があるので、ヘルニアの症状〇%。筋肉に由来する物が〇%となっている場合があります。

 

椎間板ヘルニアの手術をしても、多少の症状の軽減のあるものの、完全には症状が取りきれない時は、筋肉性の症状が残存しているかもしれません。

 

症状が常時出ているのか?沢山歩いていたり、疲れてくると出現したり症状変化のある物か?を見極めてもらいたいと思います。

 

症状変化のある物は、例えばお風呂などに入って温めたりすると楽になるかどうかをみて下さい。

 

オススメはアキレス腱のストレッチをして下さい。

 

アキレス腱はふくらはぎの筋肉と繋がっており、ふくらはぎの筋肉と、坐骨神経を圧迫したりする、臀部の筋肉と太ももの筋肉と連動しています。

 

ふくらはぎを柔らかくしておくと、お尻~太ももの筋肉がゆるみ、坐骨神経痛が楽になります。

 

かなり即効性がありますので、積極的に伸ばして柔らかくする事で、症状が消失する事もあります。

 

アキレス腱を伸ばすやり方は、学生の時に行っていた『ふつう~のアキレス腱伸ばし』で、結構です。

 

それでも楽にならない方、繰り返し症状が出る方、段々と症状がひどくなっている方、ささがわ接骨院又はお近くの接骨院へご相談下さいませ。

 

ページトップへ