四日市でむち打ちの治療なら|交通事故の後方追突によって『むち打ち症』になってしまった 30代の女性

四日市で骨盤矯正なら、ささがわ整体院・接骨院

0593231140 三重県四日市市西日野町4299
月~金 9:00~12:00 土 9:00~12:30/16:00~20:00
[休診日]午後土曜・日曜・祝日

予約フォーム

ホットペッパービューティー

スタッフブログ

四日市でむち打ちの治療なら|交通事故の後方追突によって『むち打ち症』になってしまった 30代の女性

スタッフブログ 2019年04月09日

こんにちは!

柔道整復師の見並です。

 

今日は交通事故の『むち打ち症』について書いていきたいと思います。

 

今回の方は信号で停車している際に後方から車に追突され、その際に首を鞭がしなる様に振られ『むち打ち症』になってしまいました。

 

最初にこの『むち打ち症』について書いていきたいと思います。

『むち打ち症』とはお車による事故、格闘技などによる衝撃により、急激に首に負荷がかかってしまい痛めてしまうお怪我の状態になります。

 

一言に『むち打ち症』と言っても種類があります。

簡単に説明すると、筋肉や靭帯を痛めてしまい首の痛みや動き辛さが出ているもの、血管まで傷つき血流の関係により頭痛やめまいなどが起きるもの、神経を痛めたため腕などのしびれが起きるもの、損傷が脊髄と呼ばれる場所まで及び下半身まで症状が出てしまう場合など多岐にわたります。

 

この様な外傷と呼ばれるお怪我の場合ですと、病院だけでなく接骨院と呼ばれる場所で治療を行う事が出来ます。

接骨院には柔道整復師と呼ばれる国家資格者がいて、この柔道整復師とはいわゆる捻ったり、ぶつけた時などのお怪我のスペシャリストになります。

 

お怪我の治療を行うという事で医療の一端になりますので、交通事故の治療では『自賠責保険』というものが適応となると、窓口でのご負担は『0円』で治療を行う事が出来ます。

慰謝料なども病院で治療を行った場合と、同額支払われますのでご安心ください。

 

先ほど説明した通り接骨院にはお怪我の専門家がいるためお怪我の処置やリハビリは専門的に行っております。しかしレントゲンやMRIなどによる内面までの検査は行う事が出来ません。

交通事故のお怪我ではもしかしたら『脳』へのダメージや骨が折れているなどの損傷の心配がありますので、しっかりと病院での検査も行う必要があると考えます。

 

交通事故の治療で早期にしっかりとお怪我を治したい場合は、『併用通院』を行っていただく事が重要となってきます。

 

この『併用通院』とは、簡単に言うと病院と接骨院に両方通う事が出来る仕組みとなっております。

両方通うのは大変と考える方もいらっしゃると思いますが、交通事故の治療の通院の形としては

・病院 

医療の専門知識が深く、レントゲンやMRIの検査を行えるため月に1,2回しっかりと検査を行い状態を確認する所

 

・接骨院 

柔道整復師が治療を行い、患者様のお身体の状態に合わせて、普段のリハビリの治療を行う所。

 

通院の目安としては、症状が落ち着くまでは出来るだけ詰めて毎日行う事によって早期の改善をして頂くのが良いと思います。

 

お身体の調子が良くなってきたら、専門家と相談を行い期間を空けて通院されるのが良いと考えます。

 

毎日両方通ってくださいという話ではなく、病院で月に1,2回検査を行い、その他は接骨院にてリハビリを行う形が良いと考えます。

 

接骨院のリハビリが優れている点は、一般的に行われる電気による治療や患部を温める治療に加えて、国家資格者が直接治療を行い、筋肉を緩めたり関節の動きを付けたりするため、通常のリハビリよりも早期に症状の改善が望めて、後遺症が残るリスクも少なくなると考えます。

むち打ちのストレッチ

今回の方も最初は首の痛みや強張りがあり、お仕事などの環境により筋肉の緊張が強くなると、頭痛の症状が出て困っていたのですが、交通事故の治療のルールに則って、病院との併用通院を行う事によりお身体をどんどん良くして行き、次第に症状が出なくなっていったため無事卒業する事が出来ました。

 

交通事故によるお怪我では、早期に治療を行う事により後遺症になってしまうリスクを減らせる事が出来ます。

 

四日市にて交通事故の『むち打ち症』でお困りの方は『ささがわ接骨院・整体院』にご連絡くださいませ。

 

当院の交通事故のページへ

ページトップへ