【四日市で何度も繰り返す腰痛の治療なら】『何度も腰痛を繰り返し、症状が悪化すると臀部から大腿にかけて痛みが出ていた50代の男性』

四日市で骨盤矯正なら、ささがわ整体院・接骨院

0593231140 三重県四日市市西日野町4299
月~金 9:00~12:00 土 9:00~12:30/16:00~20:00
[休診日]午後土曜・日曜・祝日

予約フォーム

お問い合わせ・公式アプリ

スタッフブログ

【四日市で何度も繰り返す腰痛の治療なら】『何度も腰痛を繰り返し、症状が悪化すると臀部から大腿にかけて痛みが出ていた50代の男性』

スタッフブログ 2018年06月20日

こんにちは!
ささがわ接骨院・整体院の見並です。

 

 

今日は業務上立ち仕事が続き、慢性的な腰の腰痛に有り、腰痛の症状が酷くなると腰の痛みと共に、臀部から大腿にかけていわゆる『坐骨神経痛』の症状が出ていた50代の男性について書いていきたいと思います。

 

 

この患者さんはそれほど強い症状ではないものの、数年前から慢性的な腰痛を抱えていました。

 

強い痛みが出ている訳では無いため、症状が出ていたとしても気にせずお仕事に行かれたり、痛みが強くなると腰痛ベルトを巻きながらお仕事をなさっていたそうです。

 

 

症状が強くなり耐えられなくなると、整形外科にて電気治療を受けたり、仕事の帰りに見かけるマッサージ店などで揉んでもらうと、腰痛が一時的に楽にはなるので、それで症状を緩和させながらお仕事を頑張られていたそうです。

 

 

お仕事が忙しくなると力を入れて足で踏ん張ったり、中腰を繰り返すなどの作業が多くなるため、その時期は負担が掛かることが多くなり、臀部から大腿にかけて痺れなどの症状が出る事が多かったそうです。

 

いつもは臀部から大腿に違和感を感じても、お仕事が忙しいと中々治療を行えず、数日間は強い痛みや痺れはあるものの、動いていたら臀部の痛みがいつの間にか治まっていく事が多いため、とりあえず様子を見られていたそうです。

 

 

しかし今回はいつまで経っても症状が治まらず、逆に痛みや痺れが強くなり症状が酷くなっていきました。

 

 

最初は整形外科に行かれ診察を受けられました。

 

診察を受けられたところ、腰にヘルニアがあるから神経が変性した椎間板に圧迫され症状が出ていると言われ、その日から電気治療やけん引療法などのリハビリが始まりました。

 

お時間を作って何度かリハビリへ通院されたのですが、腰痛治療を始めて一週間経っても症状に変化は見られませんでした。

 

 

症状に変化が無いため少し不安になっていたところ、知人から整体にて腰痛治療を行ったら、同じような症状が良くなったという話を聞き当院にご来院頂きました。

 

 

腰痛や坐骨神経痛というのは腰の問題だけでなく、臀部や足が原因となって起きることがあります。

 

今回ご来院された患者さんも、問診と様々な検査をさせていただいたところ、腰だけではなく臀部および足が原因で症状が出ていることが分かりました。

 

 

当院の腰痛治療では原因の再発を防ぐため、検査を念入りに行います。

 

腰痛で来院された患者さんも、検査の段階で腰以外に原因があると考えたら腰はほとんど触りません。

 

検査をしていくと、この患者さんは臀部筋の固さや足の問題が分かったため、そこに狙いをつけて筋肉を緩めたり関節に動きを付けていく施術を行っていきました。

 

 

施術が終わった後に確認のため検査を行うのですが、『坐骨神経痛』の痛みは出なくなり、『腰痛』の方は残念ながら腰を反らせた時に少し痛みが残りましたが痛みが減り、腰を回旋させる動きや、前屈する動作では痛みが出なくなりました。

 

 

しかし痛みが取れたとしても完全に治ったという訳ではありません。

 

足腰が改善し良い状態に整ってくるまでは、日常的に負荷を与え続けたり、腰に良くない姿勢を続けたりすると再発し症状を繰り返してしまいます。
根本的に症状を改善するためにも継続通院をお考え頂きました。

 

 

腰痛治療を続けていく度に足腰の状態が変わっていき、今現在では治療の間隔をかなり空けておりますが、お仕事をされていても『腰痛』や『坐骨神経痛』という症状が出ておりません。

 

 

痛みというのはお身体が出す信号なので、我慢し続けると症状がどんどん悪化してしまいます。

 

症状が悪化してしまう前に見せていただければ、お身体の改善も早くなります。

 

 

四日市にて腰痛治療をお考えの方は『ささがわ接骨院・整体院』にご連絡くださいませ。

 

当院の坐骨神経痛のページへ

 

当院の腰痛のページへ

ページトップへ