【四日市で産後骨盤矯正を受けるなら】『産後の骨盤矯正は受けたほうがいいの?と、お悩みのお母さま方』

四日市で骨盤矯正なら、ささがわ整体院・接骨院

0593231140 三重県四日市市西日野町4299
月~金 9:00~12:00 土 9:00~12:30/16:00~20:00
[休診日]午後土曜・日曜・祝日

予約フォーム

お問い合わせ・公式アプリ

スタッフブログ

【四日市で産後骨盤矯正を受けるなら】『産後の骨盤矯正は受けたほうがいいの?と、お悩みのお母さま方』

スタッフブログ 2018年05月19日

こんにちは!
ささがわ接骨院・整体院の見並です。

 

 

当院には産後の骨盤矯正を受けて頂いているお母さま方が、沢山いらっしゃいます。

 

産後の骨盤矯正では女性セラピストが担当を受け持つので、僕自身が施術を行うことは無いのですが、お母さまに連れ添ったお子様たちが、沢山いらっしゃって大変賑やかで、見ているだけで微笑ましい状態になり元気をいただきます。

 

 

初めて出産された方は、産後の骨盤矯正を受けたほうが良いか、お悩みの方もいらっしゃると思うので、今日は『産後骨盤矯正』をについて書いていきたいと思います。

 

 

まずなぜ『産後骨盤矯正』が必要で、どのような事を行うのか書いていきたいと思います。

 

 

妊娠・出産を終えられた方は、やはり骨盤やその周辺などにある靭帯などへの負担や、お身体へのダメージは相当なものになります。

 

 

たとえば骨折などの大きなお怪我をしてしまい、病院にて治療を受けますと、患部への負担を極力避けて安静を保つため、ギプスなどを用いて固定を行います。

 

 

出産後も骨盤についている靭帯や関節へのダメージを回復させるため、お身体への負担が掛かる行動は控え、出産後は2か月位骨盤ベルトなどを巻き安静に致します。

 

固定をしっかりと行い安静にしていると、お身体の傷が癒えてきますので、痛みなどの症状が次第に落ち着いてきます。

 

しかし安静にして傷が落ち着いたからと言って、元の状態に完全に戻ったわけではありません。

 

 

通常骨折などの大きなお怪我を負った場合、固定を解いた後も、筋力は弱り使っていなかった関節の可動域が下がっていたりするため、元の動きが出来る様に、関節を動かしたり、弱ってしまった筋肉を鍛え、様々な負荷に耐えれるようにトレーニングを行っていきます。

 

 

産後のお母さんも安静にしている期間がありますので、その期間が過ぎたら、骨盤をしっかりと締め、固まってしまった関節を動かして動かし、弱っている筋肉を戻していく必要があると考えます。

 

 

当院の『産後骨盤矯正』の内容と致しましては、もちろん骨盤を締めますが、まず股関節や臀部などの筋肉をゆるめ、股関節や仙腸関節など関節の調整、尿漏れなどの問題を克服や骨盤を締めさらにサイズダウンするため、筋肉のトレーニングなどを行っております。

 

 

当院の骨盤矯正の特徴として、1回の施術にてサイズダウンや変化を体感して頂くのですが、残念ながら1回の施術を行っただけでは、またしばらくすると元に戻ってきてしまいます。

 

 

これは人間には体の状態を一定に保つという働きがあるため、一度正しい位置に調整したとしても、またしばらくすると少し前の状態に戻ろうとする力が働きます。

 

その為、締まった骨盤の状態を定着させていくには、少し回数が必要となってきます。

 

 

通常骨折などの様な大きなお怪我をされた場合、固定に1ヶ月要したとすると、リハビリにはその倍の2ヶ月必要となってきます。

 

 

『産後骨盤矯正』もよく一回や二回の施術にて、「骨盤が締まったからもう大丈夫」といわれ、後に不具合が出て来院される方がいらっしゃいます。

 

 

それはその場では締まったかもしれませんが、筋力の衰えや緩んでしまった状態を体が覚えているためまた元の状態にもどってきます。

 

なので,時間の経過とともに開いてきてしまう骨盤を何度か締め直し、しっかりと定着させていく必要があります。

 

 

当院ではある一定の期間をあけながら、最低限12回施術を受けていただき骨盤を締め、お体に定着させていきます。

 

そうすることによりしっかりとサイズダウンをし、後の不具合を出ない様に施術を行います。

 

 

当院では国家資格師が考案した、ちゃんとした『産後骨盤矯正』を行っております。

 

ぜひ一度『ささがわ接骨院・整体院』にご連絡下さいませ。

ページトップへ