【四日市で坐骨神経痛の治療なら】『子供の発表会、慣れないハイヒールを長時間履いて『坐骨神経痛』が出てしまった40代主婦の方』|四日市で骨盤矯正なら、ささがわ接骨院・整体院へお任せ下さい。

四日市で骨盤矯正なら、ささがわ整体院・接骨院

0593231140 三重県四日市市西日野町4299
月~金 9:00~12:00 土 9:00~12:30/16:00~20:00
[休診日]午後土曜・日曜・祝日

予約フォーム

お問い合わせ・公式アプリ

スタッフブログ

【四日市で坐骨神経痛の治療なら】『子供の発表会、慣れないハイヒールを長時間履いて『坐骨神経痛』が出てしまった40代主婦の方』

スタッフブログ 2018年02月08日

こんにちは!
ささがわ接骨院・整体院の見並です。

 

 

今日は『坐骨神経痛』について書いて行きたいと思います。

 

 

最近臀部のくぼんでいる場所から大腿の裏にかけて、痺れと痛みが続き、動くのにも困難な『座骨神経痛』の症状にてお困りの患者様がご来院されました。

 

 

この方は以前お仕事にてハイヒールを履いていて、その時も足腰や臀部に負担がかかり、『坐骨神経痛』の症状が出てしまい、治療を行い改善されました。

 

結婚されて以来、ハイヒールを履く機会が減り、『坐骨神経痛』の症状は出ていなかったのですが、お子さんの発表会の際、久しぶりにハイヒールを履き、その時から違和感を感じていたのですが、終わったその日の夜から痛みが出て、徐々に強くなり動けなくなってしまい、ご来院されました。

 

 

最初に『坐骨神経痛』とはどの様な状態なのか、簡単に説明したいと思います。

 

 

まず坐骨神経痛とは、人体の中に沢山ある神経の中でも最大の神経です。

 

走行としては腰から出て臀部の筋肉の間を通り、臀部から大腿へ、大腿の裏を通り下腿(脛やふくらはぎ)へと下がっていき、そして足の指先まで伸びています。

 

 

この神経が腰そのものの問題である『腰部椎間板ヘルニア』や『脊柱管狭窄症』や、梨状筋などといった臀部の筋肉の張りなどにより圧迫され、症状が出てしまいます。

圧迫の原因は様々ですが、何らかの形で神経の圧迫が起こると、神経の走行に沿った部位に痛みや痺れといった症状が起こります。

 

それによって引き起こされるのが『坐骨神経痛』となります。

 

 

『坐骨神経痛』はあくまで病態ではなく症状なので、原因の追及が重要です。

 

『坐骨神経痛』は患部を温めて血行を改善したり、筋肉を柔らかくする事により改善される場合があるので適度なマッサージや刺激は有効となります。

 

あまり強い刺激を与えると筋肉に傷が出来てしまい、症状が長引いてしまう場合がありますので、お気を付けください。

 

 

ご自身で出来るケアとしては、まず学生時代に学んだ『アキレス腱伸ばし』をお試し下さい。

アキレス腱を柔らかくする事で、循環が改善され血行が良くなり、ふくらはぎと連動して臀部の筋肉も柔らかくなる為、坐骨神経の通りが良くなり、痛みや痺れといった症状が改善する場合もあります。

 

 

整形外科で『腰部椎間板ヘルニア』などの診断され、それにより『坐骨神経痛』の症状があると判断された場合は、治療を行う場合、電気療法や牽引療法、お薬を使っての治療が多くなります。

 

もちろんそれにより症状が改善される方もいらっしゃるのですが、それだけでは有効的な治療となる事が少なく、お身体の状態がひどくなると、結果的に手術となってしまう方もいらっしゃいます。

 

 

当院の『坐骨神経痛』の治療では、患者様の症状やお身体の状態に合わせて、それに合う手技を用いて整体を行います。

 

先日ご来院された患者さんも痛みが強く、寝返りを打つのも辛い状態になっていました。

 

当初は痛みも強かったので、立ち上がったり姿勢を変えるのも難しい状態でした。

 

なので最初の施術では、痛みが強く症状が出ている場所へ直接施術行う事が難しかったので、横向きにて足を動かしたり、軽負荷のストレッチをかけ循環を良くしてから、患部への施術を行いました。

 

 

この方は一度目の施術にてかなり改善がみられたのですが、お身体を変えていかなければ、またふとした瞬間に痛みが出てしまう可能性を考え、継続通院をお考え頂きました。

 

 

2回3回と施術をしていく内に、お身体はどんどん変わって行き、今では日にちを空けても、ほとんど痛みが出なくなりました。

 

 

『坐骨神経痛』にてお困りの方は、ぜひ一度『ささがわ接骨院・整体院』にご相談下さい。

ページトップへ