【四日市で交通事故のお怪我の治療なら】『遠方からの施術依頼のお電話を頂きました。』|四日市で骨盤矯正なら、ささがわ接骨院・整体院へお任せ下さい。

四日市で骨盤矯正なら、ささがわ整体院・接骨院

0593231140 三重県四日市市西日野町4299
月~金 9:00~12:00 土 9:00~12:30/16:00~20:00
[休診日]午後土曜・日曜・祝日

予約フォーム

お問い合わせ・公式アプリ

スタッフブログ

【四日市で交通事故のお怪我の治療なら】『遠方からの施術依頼のお電話を頂きました。』

スタッフブログ 2017年10月31日

昨日「交通事故に遭い、むち打ちになって病院を1か月通院しているのですが、症状が良くならなくて・・・」と言うお電話を頂きました。

 

当院への転院を希望されていたので、大丈夫ですよ~!とお話した所、現在のお住まいが少し遠方。

 

 

お車でも1時間以上かかる場所です。

 

 

「転院は可能ですが、続けて通院出来ますか?」

 

 

「あっ、(週に)1,2回なら・・・」

 

 

当院の説明として、たとえ話をさせて頂きました。

 

 

むち打ちの治療は、接骨院と病院の併用通院して下さい。

 

 

接骨院の施術は、スポーツに例えるなら、日々のトレーニングだったり、練習だったりします。

 

そして病院はトレーニング(リハビリ)の結果である『試合(大会)』になります。

 

 

接骨院の施術(リハビリ)の結果、症状が回復してきてるのか?停滞しているのか?悪化しているのか?

 

 

それを医師が結果を判断する必要があります。

 

症状が軽快しているならば良いですが、変化が無かったり、悪化してるならば、治療法を変えたり、更に検査を行う必要があります。

 

 

毎日トレーニングしている人と、週に1,2回のトレーニングでは、結果が違います。

 

 

なので、当院では交通事故などのお怪我の治療は、毎日の通院をお勧めしています。

 

 

勿論、本当のスポーツのお話ではないので、お身体が回復してきましたら、施術頻度は週に1回とか、2回とかと言う感じに空けて頂きます。

 

 

しかし、初期の段階から通院が空くと、回復するより日々の労働などによる負荷で、回復が追いつきません。

 

 

結果として、お近くで毎日でも通院出来る接骨院の受診をお勧め致しました。

 

 

ただし例外もあります。

 

 

それはむち打ち症状が、慢性的に残ってしまっている場合です。

 

 

これは損傷個所だけの施術では、回復が難しいからです。

 

 

お身体を痛めてしまい、症状をかばいながらお仕事などの作業を続けていた場合、本来の損傷個所以外のトラブルや慢性的な負担が、残ってしまっているからです。

 

 

その部分を見つけて、施術を行わないといけません。

 

 

当院で車で2時間半かかって、週2回の通院をして頂いた、むち打ちの後遺症の方がいらっしゃいました。

 

 

その方は、結果として10回ほど施術はかかりましたが、80~90%ほど回復し、治療を終了致しました。

 

 

今現在むち打ち症で、治療を受けられている方で症状が強い方は、毎日施術を行って下さい。

 

 

そして症状が軽減してきたら、施術に依存する事なく、体操や運動などを行いながら通院間隔を空けていって下さい。

 

 

そして、むち打ち症状の後遺症でお困りの方は、症状の残っている原因を全身的に見てもらえる治療院にご相談してみて下さい。

 

 

※接骨院・整骨院でも『自費治療』となります。

 

 

交通事故のお怪我は、柔道整復師(国家資格者)の施術は自賠責保険適応で、窓口負担無く通院が出来ます。

 

 

同じく健康保険での施術も可能ですが、院の料金体系などにより、窓口負担が発生する場合もありますので、事前に確認が必要です。

 

 

自賠責保険も健康保険も、『損傷個所への施術』が原則になっているので、『腰をかばっていたら膝が痛くなってきた』は保険対象外となります。

 

 

また、交通事故の後遺症の施術も、『損傷個所の施術』と言う意味では、損傷個所は『治っている』と言う医学的判断になる為、その後に残っている、痛み・コリ・重さ・ダルさは、保険適応とはならないのです。

 

 

よく自賠責保険で治療を行っていても長期間症状が回復しないと、『損保会社』から『治療費の打ち切り』と、言われる場合があります。

 

 

当然被害者の方は納得いかないと思いますが・・・

 

 

「後は健康保険を使って治療を続けて下さい」

 

 

「窓口負担分は慰謝料が出るので心配いらないですよ」みたいに・・・

 

 

これで『示談』を促され、終了となります。

 

 

患者さんの残った症状に関しては、自分の保険を使い、窓口負担を払いながら治療を続けていく事となります。

 

 

先ほどにも記述したように、『示談』後、接骨院の交通事故のお怪我の施術は、健康保険適応外となり自費治療となります。

 

 

交通事故後遺障害でお困りの方はささがわ接骨院・整体院にご相談下さいませ。

 

エキテンサイトへ

 

お問い合わせ

ページトップへ