【四日市で親指の痛みの治療なら】『手を広げたり、動かしたりすると親指付近の痛みがある方』|四日市で骨盤矯正なら、ささがわ接骨院・整体院へお任せ下さい。

四日市で骨盤矯正なら、ささがわ整体院・接骨院

0593231140 三重県四日市市西日野町4299
月~金 9:00~12:00 土 9:00~12:30/16:00~20:00
[休診日]午後土曜・日曜・祝日

予約フォーム

お問い合わせ・公式アプリ

スタッフブログ

【四日市で親指の痛みの治療なら】『手を広げたり、動かしたりすると親指付近の痛みがある方』

スタッフブログ 2017年09月20日

こんにちは!
ささがわ接骨院・整体院の見並です。

 

今日は最近スマホの使用などにより増えている『ド・ケルバン腱鞘炎』について書いていきたいと思います。

 

まずこの『ド・ケルバン腱鞘炎』と言われたら「え、なんか難しそう…」と感じる方がいるかもしれないので、これがどの様な状態なのかを簡単に説明していきますね。

 

まず『腱鞘』と言われたら構えてしまう方もいらっしゃると思いますが、簡単に言うと筋肉の腱部が通るトンネルをイメージして頂ければ大丈夫です。

 

この親指の付け根の痛みが出る場所には2本の腱が通るトンネル(腱鞘)が在り、指を使い過ぎるとそのトンネルの所と腱の部分で摩擦が起こり、腱鞘の厚さが増す事により圧迫されたり、腱の部分が傷つく事により痛みが生じたりします。

 

ざっくりとした説明になりますがこれが『ド・ケルバン腱鞘炎』です。

 

 

少し前までは出産後や更年期、細かい手作業が多い女性に好発するとされていましたが、スマートフォンの使用が急増すると共に男性でも痛める方が増えてきています。

 

本来『ド・ケルバン腱鞘炎』は安静にして頂ければ徐々に良くなって行きます。

 

ですが元々お仕事や家事などにより、親指の使い過ぎで症状が出ているため、いきなり「明日から親指使わないで下さい。」と言われても中々難しい為、症状が悪化もしくは長期化しやすいのも特徴です。

 

 

ここまで読んで頂いてご自身が『ド・ケルバン腱鞘炎』かも知れないと思った方は、一度自分で出来るテストがあるのでお試し下さい。

 

1. まず親指を小指の付け根辺りまで曲げて下さい。

2. 次に他の4指で親指を包んでグーを握って下さい。


3. その状態で小指側に手首を曲げて下さい。


4. 患部に痛みが出たら陽性となります。

 

この症状が出た時の注意点としては、ご自身で痛い所のマッサージはお止め下さい。

 

手の届く範囲に気になる部位があるので、気になるからご自身でずっと揉んでいたが良くならないとおっしゃる方が見えますが、痛みが出る部位は揉んでもほぐれるものでは無く、更に傷をつけ症状を悪化させる恐れがあります。

 

当院では母指や手関節、肘関節の関節調整、腱部の炎症を鎮める電気治療、症状が余りにも強い方はテーピングによる固定を行います。

 

症状があまり強くなくとも親指を良く使う方であれば、サポーターバンドによる固定も有効となりますので、こちらも治療と併せてご使用頂くと改善が早くなります。

 

 

親指の痛み『ド・ケルバン腱鞘炎』でお悩みの方は、症状酷くなる前に一度ご相談下さい。

 

ページトップへ