【四日市で踵(かかと)の痛みの治療なら】踵の痛みの種類とセルフケアと施術について|四日市で骨盤矯正なら、ささがわ接骨院・整体院へお任せ下さい。

四日市で骨盤矯正なら、ささがわ整体院・接骨院

0593231140 三重県四日市市西日野町4299
月~金 9:00~12:00 土 9:00~12:30/16:00~20:00
[休診日]午後土曜・日曜・祝日

予約フォーム

お問い合わせ・公式アプリ

スタッフブログ

【四日市で踵(かかと)の痛みの治療なら】踵の痛みの種類とセルフケアと施術について

スタッフブログ 2017年07月23日

踵は人間が歩行・走行する際に体重の何十倍もの負担が瞬間的にかかる部位です。

 

その為、踵の痛みが出現すると、様々な日常生活に支障を来たす事となります。

 

踵の痛みをかばいながら歩行・走行をすると、脛・膝・股関節に負担をかける為に、別の痛み症状が出現する可能性があります。

 

踵の痛みの種類は次のようなものがあります

 

アキレス腱炎:踵の上(アキレス腱の付着部)で、比較的若年層に多いです。


 起床時の痛み、運動初期の痛みが特徴的です。

 慢性化すると、難治性に移行したりします。

 

 解消法:ふくらはぎの緊張・硬結によるものなので、アキレス腱のストレッチが有効的です。常にストレッチを心がけて行う事で、改善してくる事があります。

 

成長痛:幼少期の脛骨・腓骨(下腿部の骨)が急激に成長(骨が伸びる)為に、ふくらはぎの筋肉・アキレス腱の成長がついていけず、結果的にアキレス腱付着部に伸張の刺激が強く出て出現します。※シーバー病・セイバー病とも言われます。


アキレス腱は足首から、踵の下まで繋がっているので、アキレス腱部~踵の下まで痛みを訴える。

朝の起床時、夜間に疼痛を訴える場合が多い。

 

 解消法:ふくらはぎ・アキレス腱のマッサージとアキレス腱のストレッチなどで、症状の緩和が期待出来ます。

 

踵骨棘:踵の下の部分の痛みです。踵の下には土踏まずのアーチを形成する、足底筋膜という筋肉があり、その筋肉に繰り返し引っ張りの刺激が加わり、踵の筋膜の損傷(剥がれなど)と修復を繰り返し、踵の下に骨の棘が出てくる疾患です。

重度な物は外科などで手術などが必要ですが、軽度の場合はセルフケアで改善する場合も多いです。

 

解消法:踵にはアキレス腱が付着してますので、アキレス腱のストレッチが必須です。


加えて、足底筋膜(足の裏の筋肉)の指圧も有効的ですが、踵付近(骨近く)の強い指圧は控えて下さい。

 

踵骨パッド痛:踵には歩行・走行の際に衝撃を吸収する為の『皮下脂肪層』があります。


高所から飛び降りたり、繰り返し踵に強い衝撃が加わりますと、皮下脂肪層に傷が出来、炎症を起こし痛みます。

解消法:踵に柔らかいパッドなどを当て、踵部に負荷がかからないようにする。

 

当院での治療

基本的に通常使用で出現した痛みは、筋肉のアンバランスと骨格に異常にて出現します。

 

異常をきたしている筋肉を調整し、骨格のアライメント(股関節ー膝関節ー足関節)を調整致します。

 

立ち仕事やよく歩く方、スポーツなどを続けたい方は、当院推奨のインソールををお勧め致します。

 

足の痛みはかばえばかばうほど、ドンドンと体全体の歪みを引き起こし、別の症状が出現したり、症状が重症化したりします。

 

上記の解消法で、2週間変化が無ければ、お早めにご相談下さいませ。

 

ページトップへ