四日市で骨盤矯正なら、ささがわ整体院・接骨院

0593231140 三重県四日市市西日野町4299
月~金 9:00~12:00 土 9:00~12:30/16:00~20:00
[休診日]午後土曜・日曜・祝日

予約フォーム

お問い合わせ・公式アプリ

その他の症例

背中の息をしても痛む位の症状

その他の症例 2015年12月23日

tire

 

47歳男性 前日にタイヤの交換の為、タイヤを車に載せ運びをして、その後杭打ちをしました。

 

その夜から背部(肩甲骨部)の痛みを訴えるようになる。

 

『既往歴』
本人曰く元々背中、腰は弱く、疲れが溜まったり、急に使い過ぎたりすると、腰・背中が痛くなるとの事。

 

いわゆる『ぎっくり腰』『ぎっくり背中』が癖になっている状態。

 

『検 査』
脊柱の前後屈不能

 

胸椎下部・腰椎上部の可動域の減少を認める

 

右肋骨部の可動域減少を認める。

 

右腰部起立筋の筋緊張あり。

 

骨盤関節(右寛骨)の後方変位を認める。

 

『施 術』
胸椎・腰椎の可動域制限を起こしている付近の筋肉を丁寧に緩和。

 

胸椎5/6 8/9関節部を調整

 

『結 果』
主訴の背部痛(息をしても痛む状態)は7割ほど改善

 

残りの3割と同時に腰部痛が顕著になる。

 

原因は胸椎部関節の変位と筋緊張にあると判断し、施術はほぼこれで終了と判断。

 

実はこの症例報告は院長加藤です。

 

朝起きたら身体が動かなかった為に、スタッフに施術してもらいました。

 

やはり原因となる異常個所をきちんと突き止めて、適切な施術をすると言う事が大事です。

 

しかも出来るだけ早期の施術により、回復も早くなります。

ページトップへ