四日市で骨盤矯正なら、ささがわ整体院・接骨院

0593231140 三重県四日市市西日野町4299
月~金 9:00~12:00 土 9:00~12:30/16:00~20:00
[休診日]午後土曜・日曜・祝日

予約フォーム

お問い合わせ・公式アプリ

スタッフブログ

35歳の男性が毎日重量物を運ぶ仕事をしていて、2週間ほど前から仕事をしていると肩の

スタッフブログ 2015年05月16日

1ba51ddf321f0e82753433bf5a7d1bf9_m

35歳の男性 毎日重量物を運ぶ仕事 2週間ほど前から仕事をしていると肩の痛みが気になる様になり、それでもシップと自分でストレッチを続けていた。  その内痛みが引いてくるかと思っていたが、段々と日常生活でも気になり肩も挙がらなくなって来た為に、当院へ来院されました。

 

検査をしてみると、強い圧痛は無く、自分で腕を挙げてもらっても、痛みながらなんとか耳のすぐ横まで上がる。

 

外転90度位で、一瞬引っかかる様な感じがする物の、一見は大きな障害は無さそう。

 

しかし、他動運動(クライアントさんに力を抜いてもらって、こちらが腕を持って挙げて)みると先ほどの90度位の角度で、ビクッ!となるほど激痛が走る。

その角度を超えると、問題なく耳の横まで拳上できました。

 

当院の見立てとしては、筋肉に勿論問題があるのですが、それより骨関節の機能障害を疑います。

 

人間は身体のどこかを痛めても、その箇所に負担をかけない様に、痛く無い様に、それ以上痛めない様に、関節を歪ませて、又は本来とは違う筋肉の使い方をして、目的の運動(この場合は腕を耳の横まで拳上させる)を行います。

 

これを『関節の代償運動』と言い、これに関節の歪み、姿勢の歪みが出ると『疼痛逃避性姿勢』と言います。

 

この逃避性姿勢と関節の代償運動が重なって、繰り返し作業などを行うと、いわゆる『変な癖』がついてしまい、何らかの施しで痛みが軽減したと思っても、また元の痛みが戻ると言う現象が出ます。

 

この方は仕事上どうしても安静には出来ないので、そのまま使いながら改善してゆく事になりますが、理想はこれ以上に関節の歪みや変な癖が改善するまでは、少し安静にして頂く事をオススメしております。

 

結局色々検査をしてみて、

①肩関節の巻き込み(肩関節のズレ)

②棘上筋の炎症または筋拘縮

③三角筋の付着部の筋膜の癒着

④肘関節、手関節の歪みがありこれらを施術にて調節現在は70%ほど改善しております。

 

更に効果を引き上げたのは③三角筋付着部の筋膜の癒着を『吸引マッサージ療法』で改善出来た事が、症状の改善に大きく貢献できたと思います。

 

後は、痛みながら使ってきた関節の歪みの癖を調節してゆけば、更に改善してゆくと判断しました。

 

肩が痛ければ肩を施術する。当たり前ですが、特に痛みが出てから時間経過している場合で、何度も痛みを繰り返している方、電気治療やマッサージを行ってその時は痛みが改善してもすぐに戻って繰り返す方は、別の箇所が原因としてあるばあいがあります。

 

そんな繰り返し肩の痛みにお困りの方は、ささがわ接骨院またはお近くの接骨院へご相談下さいませ。

ページトップへ