四日市で骨盤矯正なら、ささがわ整体院・接骨院

0593231140 三重県四日市市西日野町4299
月~金 9:00~12:00 土 9:00~12:30/16:00~20:00
[休診日]午後土曜・日曜・祝日

予約フォーム

お問い合わせ・公式アプリ

スタッフブログ

バスケットボールをしているのですが、特に朝練の時にウォーミングアップで走ると、脚のスネの辺りが痛むのです

スタッフブログ 2015年05月14日

037726

 

バスケットボールをしているのですが、特に朝練の時にウォーミングアップで走ると、脚のスネの辺りが痛むのです。

5分位走っていると、段々痛くなるのですが、練習中体が温まってくると、少し痛みが引きます。

午後の練習もやはり同じ症状なのですが、朝練と違って長い時間練習をしてると、今度はびっこを引く位痛くなり、とても走れなくなります。

家に帰っても鈍痛が引きませんと言う症状の学生さんが来院されました。

 

検査をしてみると、下腿部の内側の骨の辺りが痛いと言う事です。

 

特に強い腫れも無いし、強い炎症症状を表す発赤もありません。

 

しかし、触ってみるとほんのり熱感も感じ、何らかの炎症症状を確認しました。

 

足首を動かすと痛み、特に爪先立ちをすると、強い痛みを訴えました。

 

押さえてみると、脛骨(下腿部の太い方の骨)と、そこよりやや内側の筋肉(後脛骨筋部)に痛みがあり結果『シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)』と判断しました。

 

シンスプリントは使い過ぎ症候群とも言われていますが、原因は

 

①シューズの問題

 

②使い過ぎ

 

③足首、膝関節、股関節の脚のアライメント異常

 

①シューズは少しずつ靴底がすり減ってくると、脚に異常な力が加わり、余分な筋肉疲労が溜まり、筋膜の炎症を起こしやすくなります。 こまめに、靴底をチェックして、早め早めに新しいシューズに変えていく事をオススメ致します。

 

②筋肉疲労は日々蓄積してゆきます。 通常はお風呂などに入り、一晩寝たりすると状態が回復してくるのですが、炎症を起こしたりして、状態回復出来て無いのにまた繰り返し競技を行い、さらに炎症が大きくなっていく・・・ 症状が出始めたら、アイシング等を行い消炎に努めて下さい。

 

③脚のアライメント異常は、①②の原因にもなっています。 つまり、安静にしていて痛みが引いて行ったとしても、このアライメントに異常がある場合、何度も症状を繰り返す事になります。

 

当院では股関節ー膝関節ー足首の調節を行い、根本的に改善を行います。

また、バランスがとり易くなり、骨盤までも調整される、靴のインソールもお勧めです。

現在お使いのインソールと入れ替えるだけで、運動パフォーマンスがあがります。

 

早く痛みを取って、スポーツも休みたく無い方は、『吸引マッサージ療法』+『テーピング保護』を行っています。

 

『吸引マッサージ療法』だけでも大体の方が、5~7割位痛みが改善します。

 

プラステーピングを行う事で、競技の保護にもなりますし、炎症箇所を早く改善してゆきます。

 

お悩みの方は、是非ささがわ接骨院かお近くの接骨院にご相談下さいませ。

ページトップへ